【Autoblog調査】第6弾 究極の選択! 「トヨタのエンジンが載ったフェラーリ」と「フェラーリのエンジンが載ったトヨタ」
引き続き、春のAutblogの企画として、公式Twitterでみなさんにアンケート調査を行った結果をお知らせする。今回は第6弾として行ったちょっと変わったアンケートだ。

アンケート内容

欲しいのはどちらかといえばどっち?
1 . トヨタのエンジンが載ったフェラーリ
2 . フェラーリのエンジンが載ったトヨタ

今回はちょっと趣向を変えて、むかし流行った「究極の選択」(例えば「結婚するならどちらを選ぶ? 顔が20歳で身体が80歳の女性と、顔が80歳で身体が20歳の女性」というような、どちらもネガとポジの要素を含む極端な質問をぶつけて反応や会話を楽しむ遊び)風の設問を考えてみたのだが、結果は以下の通りとなった。

1.フェラーリのエンジンが載ったトヨタ 70%
2.トヨタのエンジンが載ったフェラーリ 30%

7割の方が、顔がトヨタで身体がフェラーリ...ではなく、フェラーリのエンジンが載ったトヨタ車を選び、3割の方が逆にトヨタのエンジンが載ったフェラーリのクルマを選ばれた。

お察しの通り、この設問を思い付いたのは、プロ・ドリフターのライアン・トゥレックが製作した画像のクルマがきっかけだ。トヨタ 86にフェラーリ 458イタリアのV型8気筒エンジンを搭載したこのクルマは名前も洒落いていて、トヨタ 86の欧州や豪州での販売名である「GT86」と、「458イタリア」を組み合わせて、「GT4586」と呼ばれる。新車のフェラーリが買えそうなほど製作費用は掛かりそうだが、これも1つのクルマ好きの夢ではないだろうか。



一方、「トヨタのエンジンが載ったフェラーリ」とは、こんな状況を想定してみた。例えば、エンジンがブローしたフェラーリ 308GTBあたりを格安で手に入れたとする。どこから見ても憧れの跳ね馬だが、残念なことに走らない。かといって、フェラーリのエンジンを調達しようと思えば、最初からちゃんと走る中古のフェラーリを買うのとそれほど変わらない金額になってしまうだろう。そこで廃車となったトヨタのクラウンあたり(米国ならタンドラとか)から、V8エンジンを探して来て載せたらどうだろう?ピニンファリーナの美しいスタイルは十分楽しめるし、街を走れば周囲からはフェラーリに乗っているようにしか見られないはず。しかも燃費と信頼性に優れるトヨタ製エンジンなら、維持費も遥かに抑えられるに違いない。ターボを取り付けて、本物の308GTBより速いクルマに仕上げることだってできるかも。現実的に可能かどうかはともかく、きっとアンケートに答えてくださった3割の方も、これに近い妄想を共有してくださったのではないかと思う。

アンケ―トは引き続き別の設問をご用意して、皆様からの回答を募集中。Twitter上では #Autoblog春のアンケート企画 のハッシュタグで基本的に追えるので、ひとつ宜しくお願いしたい。

アンケートに回答してくださった方々に感謝!

関連記事
■【ビデオ】トヨタ「86」にフェラーリのV8エンジンを移植!
■トヨタ「86」にフェラーリ「458 イタリア」のV8エンジンを移植した「Gumout GT4586」がSEMAショーに登場!
■【ビデオ】火災に遭ったフェラーリ「308GTS」が、電気自動車として生まれ変わった!

アンケート実施期間
2017年4月13日-14日
回答484票