FIA世界耐久選手権開幕戦シルバーストーン6時間、トヨタ TS050 HYBRIDが激戦を制す
2017年のFIA世界耐久選手権WEC)開幕戦となるシルバーストーン6時間決勝レースが16日、英国のシルバーストーン・サーキットで行われ、中嶋一貴、セバスチャン・ブエミ、アンソニー・デビッドソンが乗るトヨタの「TS050 HYBRID」#8号車が、ライバルとの激戦を制して勝利を挙げた。

高速コーナーが続く1周5.589kmのシルバーストーン・サーキットに合わせて、ハイ・ダウンフォース仕様を持ち込んだTOYOTA GAZOO Racingは、その戦略が奏功し、前日の公式予選で2台のTS050 HYBRIDがポールポジションと2番手を獲得。スターティング・グリッドの最前列を占めた。しかし、決勝レースでは、異なる空力仕様で臨んだライバルのポルシェに思わぬ苦戦を強いられることになる。



現地時間16日(日)正午に決勝レースがスタート。最前列から飛び出した2台のTS050 HYBRIDは、序盤からレースをリードし、#7号車と#8号車が連なり周回を重ねた。#7号車のマイク・コンウェイはひとり1分40秒を切るタイムで逃げ、追走するチームメイトのブエミが駆る#8号車と共にライバルとの差を広げる。

しかし、優勝に向けて快調にトップを走行していたトヨタのマシンを突如トラブルが襲う。コンウェイと替わり#7号車に乗った小林可夢偉のペースが上がらない(テレビの実況では、解説を担当していた脇坂寿一が「いまLINEで訊いても答えてくれないだろうしなぁ」と言うと、第2戦で3台目のTS050 HYBRIDに乗るゲスト解説の国本雄資選手が「ストレートを走っているときなら返事をくれるかもしれませんよ」と返す一幕も)。ドライバー交替の直前から、リア・サスペンションに不具合が発生していたという。これが原因か、#7号車はハンドリングに問題を抱え、小林はコースを外れてライバル勢に抜かれた後も反撃に出ることが出来ない。なんとか4位を確保する走行に徹し、2台揃っての完走、ポイント獲得に集中せざるを得なかった。

ところが小林から新しくTOYOTA GAZOO Racingに加わったホセ・マリア・ロペスにドライバー交代が行われた直後、ロペスのドライブする#7号車は挙動を乱してコースアウトし、タイヤバリアに激突。大きなダメージを負った#7号車だったが、エンジニアの無線指示を仰いだロペスはピットまで帰り着き、66分をかけて修復。替わったコンウェイが乗り込んでレースに復帰した。しかし優勝したチームメイトの#8号車からは38周遅れの総合23位に終わった。

コースアウトを喫したロペスはサーキットのメディカルセンターで診察を受けた後、総合病院に精密検査のために運ばれたが、幸いにも特に異常は認められなかったそうだ。



予選2番手からスタートした#8号車は、ブエミからデビッドソンに替わった後もトップでリードを保った。しかし、レースが2時間を過ぎた頃に悪化した天候で路面が僅かに濡れ、ポルシェ勢はインターミディエイトのウェットタイヤに交換するが、#8号車はスリックタイヤのままで走行を続け、一旦は2位に後退。その後天候が回復するとデビッドソンはタイヤ交換にピットへ入ったライバルを尻目に再びトップに躍り出て、中嶋にステアリングを渡す。

#8号車のドライバーが中嶋に代わった時点で、#7号車のアクシデント処理のためにセーフティカーが出動。その結果、中嶋が乗る#8号車と2位につけるポルシェ「919ハイブリッド」#2号車とのタイム差が瞬く間に縮まってしまった。

セーフティカーが退いた時点でレースは残り2時間。TS050 HYBRID #8号車とポルシェ#2号車との間で激しいトップ争いが展開されることになった。TS050 HYBRID #8号車はレースが残り45分になった時点で、最後のピットストップを行い、中嶋からブエミにドライバー交代。#8号車のピットストップでポルシェにトップを明け渡すことになったが、#2号車のポルシェも最後のピットストップを行い、その時点で両車の差は8秒。そこから終盤戦へと#8号車に乗るブエミの猛追が始まった。そしてレースが残り13分を切った時、TS050 HYBRID #8号車がポルシェ#2号車を抜き、そのままゴールまでトップを死守した。



不安定な天候、不慮のアクシデント、セーフティカーの出動と荒れたシルバーストーン6時間レースだったが、最後に勝利はTS050 HYBRID #8号車の頭上に輝いた。この勝利で、優勝した3人のドライバーには、RAC(英国王室自動車クラブ)から伝統あるツーリスト・トロフィー賞が贈られた。この賞は1905年に創設された英国のモータースポーツ界では最高権威の賞で、タツィオ・ヌボラーリ、グラハム・ヒル、スターリング・モスといったそうそうたるドライバーが受賞している。#8号車の中嶋は日本人として初めてこの賞を受ける栄誉を授かった。

TOYOTA GAZOO Racingチームは、既にル・マン24時間レースの前哨戦ともいえるWEC第2戦スパ6時間レースへと準備を整えている。次戦スパ6時間レースには、初めて3台体制で臨むことになり、ステファン・サラザン、国本雄資、ニコラス・ラピエールの3名がTS050 HYBRID #9号車で出場する。

WEC第1戦シルバーストーン6時間 決勝結果
1位:No.8 トヨタ TS050 HYBRID(中嶋一貴/セバスチャン・ブエミ/アンソニー・デビッドソン) 197周

2位:No.2 ポルシェ 919ハイブリッド(ティモ・ベルンハルト/アール・バンバー/ブレンダン・ハートレー) 197周(6秒173遅れ)

3位:No.1 ポルシェ 919ハイブリッド(ニール・ジャニ/アンドレ・ロッテラー/ニック・タンディ) 197周(46秒956遅れ)


23位:No.7 トヨタ TS050 HYBRID(小林可夢偉/マイク・コンウェイ/ホセ・マリア・ロペス) 159周(38周遅れ)



佐藤俊男 TOYOTA GAZOO Racing代表
「とても劇的な決勝レースの展開でしたが、レース中のアクシデントで検査のために病院に行ったロペス選手が無事という一報を受け、まずはほっとしています。予選では圧倒的な速さを発揮することが出来たのですが、決勝レースでのライバルは、さすがに手強い相手でした。チームは最後のチェッカーフラッグを受けるまで全力で戦いました。2台揃って表彰台に上がることは叶わなかったものの、レースで見せたチームの的確な判断力と闘争心、更にダメージを負った#7号車を短時間で完全修復したメカニックの頑張りを誇りに思います。週末を通して見せたハイ・ダウンフォース仕様のTS050 HYBRIDの戦闘力には満足していますが、次戦スパ・フランコルシャン6時間レースに向けて更なる改良を行い、再度ライバルとの激闘を制することが出来るよう全力を尽くします。」

小林可夢偉(TS050 HYBRID #7号車)
「優勝した#8号車のクルー全員を祝福します。我々は予選でポールポジションを獲得し、決勝の序盤もレースをリードするなど良いスタートを切りました。しかし、マイクのスティント終盤にサスペンションのトラブルに見舞われ、続く私のスティントでも車両の挙動がおかしくなってしまいました。良い結果が狙えたはずだけに残念です。ただ、我々のパフォーマンスは見せることが出来たので、次のレースで挽回します。」

マイク・コンウェイ(TS050 HYBRID #7号車)
「#8号車が優勝出来たことを喜んでいます。我々の#7号車は、最初の2スティントは順調でしたが、その後サスペンションのトラブルに見舞われ、感触がおかしくなりました。可夢偉の担当の時にもこのトラブルの影響は続き、ウェットとなったホセのスティントでアクシデントに見舞われてしまいました。彼が無事だったと聞いてほっとしています。その後、懸命な作業でTS050 HYBRIDをコースへ戻してくれたクルーに大変感謝しています。厳しい週末となってしまいましたが、TS050 HYBRIDの速さは示すことが出来たので、次戦スパが楽しみです。」

ホセ・マリア・ロペス(TS050 HYBRID #7号車)
「スタートはとても順調でしたが、序盤のマイクの走行中にサスペンションのトラブルに見舞われました。可夢偉が苦しい走行を続けており、何とか挽回しようと思っていました。しかし、自分が走行を始めると雨が降り始め、コーナーの進入で車両挙動が乱れてしまいました。サスペンションに起因するトラブルと、ウェット状態でリアタイヤが縁石に乗り上げたときにコントロールを失いました。激しい衝撃で、若干の痛みも感じましたが、病院で何も問題はないと診断されて安心しました。次戦スパでは挽回するべく頑張ります。」

中嶋一貴(TS050 HYBRID #8号車)
「アンソニー、セバスチャンと共に勝ち取ったこの勝利を本当に嬉しく思います。2015年に彼らとのトリオを組んで初めての勝利だからなおさらです。やっと勝てたという気分です。決勝レースは、降雨やセーフティカーの導入など不測の事態があり、予想以上に困難でした。我々はTS050 HYBRIDに満足していましたが、ライバルのペースも良く、厳しい戦いを強いられました。セバスチャンが最後は素晴らしい走りを見せてくれました。我々は彼を信じていましたが、最後は本当にエキサイティングでした。」

セバスチャン・ブエミ(TS050 HYBRID #8号車)
「久々の勝利だっただけに、優勝出来てとても幸せです。良いシーズンのスタートが切れました。レースは接戦となり、最後は非常にエキサイティングでした。我々のTS050 HYBRIDは常に速く、自分が担当した最後のスティントは、新しいタイヤで、ライバルに対して優位な状況もありました。最後にライバルをパスしたときは、チャンスはあの時しかないと分かっていました。実際に上手く行って良かったです。」

アンソニー・デビッドソン(TS050 HYBRID #8号車)
「チームの皆と開幕戦の優勝を味わえるとは何と素晴らしいことでしょうか。今日まで共に苦労してきた仲間が素晴らしい仕事を成し遂げた結果だと思っています。セーフティカーの導入がありましたが、チームはこの難しい状況においても的確な判断で、間違いのない戦略を与えてくれました。セバスチャンは後半のタイヤ摩耗が厳しくなった時でも素晴らしい運転を続け、一貴と私はとても勇気づけられました。今日の彼は本当に素晴らしい活躍を見せてくれました。この勝利をとても誇りに思います。」