JAGUAR LandRover AR VR
ジャガー・ランドローバー・ジャパン(本社:東京都品川区、代表取締役社長:マグナス・ハンソン)は、バーチャル・リアリティ(VR:仮想現実)とオーグメンテッド・リアリティ(AR:拡張現実)を融合させたバーチャル・システムを、4月15日より導入する。


ジャガー・ランドローバー・ジャパンでは、2015年6月にヘッドマウントディスプレイを活用して実際の車両に試乗しているような感覚が体験できるバーチャル試乗体験システム「ジャガー・バーチャル・ドライブ」および「ランドローバー・バーチャル・ドライブ」を日本で初めて導入し、サービスを強化すべく、VR技術にAR技術を組み合わせたバーチャル・リアリティ・キットを備えた。実物大サイズの3D映像で車両のエクテリア全体や細かなデザイン、カラー等を360度全方位からバーチャルでみることができ、インテリアも素材やステッチ、色味など室内空間を構成するディテールだけでなく、運転席や後部座席からの視界なども確認できる。


今回のバーチャル・リアリティ・キットの導入にあわせ、多用途性に優れた定員7人のフルサイズSUVである新型「DISCOVERY(ディスカバリー)」のコンテンツを開発。これらの新型モデルは受注開始前のため各店舗に実車が配備されていませんが、ウェブサイトやカタログといった従来の情報に加えて、写真や文章だけでは確認することが難しい実際の車両サイズやカラー、素材、インテリアの雰囲気をリアルに体験できる機会を提供することが可能となる。

Related Gallery:JAGUAR LandRover AR VR

■ジャガー 公式サイト

■ランドローバー 公式サイト