porsche
ポルシェ ジャパンは、GTアソシエイションが主催するSUPER GTシリーズのファースト・レスキュー・オペレーション車両として、マカン ターボを提供した。車両の贈呈式は4月9日にスーパーGTの開幕戦の舞台となった岡山国際サーキットにおいて行われた。


FROはSUPER GTシリーズ全戦においてドライバー、ドクター、レスキュースタッフが乗車しレース中にアクシデントが発生した際、迅速に救助活動を行うことを目的としたドライバーレスキュー車両。ポルシェ ジャパンは、2012年5月にFROとしてカイエン S ハイブリッドを、2015年4月にはPHEVモデルのカイエン S E-ハイブリッドを提供した。ポルシェ ジャパンがGTAへFROを提供するのは、マカン ターボで3台目となる。

ポルシェ ジャパンは、今シーズン17年目を迎えるポルシェ カレラカップ ジャパンの開催に加え、スーパーGTのレース運営とドライバーの安全確保のためにFROの提供を続ける。


■ポルシェ ジャパン 公式サイト
http://www.porsche.com/japan/jp/