【ビデオ】クラシックな「フィアット500」にランボルギーニのV型12気筒エンジンを搭載!
今回はランボルギーニ「ムルシエラゴ」の6.2リッターV12エンジンを搭載した「フィアット500」をご紹介しよう。

ボローニャモーターショー2012で初めてお披露目された同車は、イタリアのチューニングメーカー、オエメディ・メカニカがビンテージの「フィアット500」をベースに作り上げたもの。キュートなスモールカー、チンクエチェント(フィアット500)とはとても分からないほどの迫力ボディとなっている。たった500kgのボディに最高出力580hpのエンジンを積むとは、物理の法則からしてもかなりの型破りだ。

2本目のビデオでは製作過程も見られるので、是非チェックしてみよう。







By Zach Bowman
翻訳:日本映像翻訳アカデミー