ジャガー初のパフォーマンスSUV「F-PACE」は、「ワールド・カー・アワード」において、「ワールド・カー・オブ・ザ・イヤー 2017」と、部門賞である「ワールド・カー・デザイン・オブ・ザ・イヤー 2017」に選出された。


「F-PACE」は、ジャガー史上最も速いペースで販売台数を伸ばしているモデルで、13年間の歴史がある「ワールド・カー・アワード」において2つの賞を同時に受賞するのは、史上2回目とる。


ジャガー・ランドローバーの最高経営責任者(CEO)、ラルフ・スペッツ博士は、「『F-PACE』は、傑出したドライビング・ダイナミクス、日々の使いやすさ、美しいデザインを兼ね備えたパフォーマンスSUVとして生み出したモデルです。この栄誉ある賞は、世界で最も実用的なスポーツカーであり、ジャガー史上最も速いペースで販売台数を伸ばしている『F-PACE』の開発に携わったチームの優れた才能と仕事が支持された結果だと思います。」と述べた。


ジャガー デザイン・ディレクター イアン・カラムは、「『F-PACE』はジャガーにとって初めてのSUVではありますが、そのデザインは、ひと目でジャガーとわかります。この点も受賞理由のひとつとして評価いただき、我々のユニークなデザイン方針と洗練されたドライビング・ダイナミクスを新しい市場に投入するという私たちの決定に、間違いはなかったことが証明されました。」と語った。

Related Gallery:JAGUAR F-PACE WCOTY2017

■ジャガー 公式サイト
http://www.jaguar.co.jp/index.html