限定650台! シボレーが「コルベット」誕生65周年記念パッケージ「カーボン 65 エディション」を発表
Related Gallery:Corvette Carbon 65

2018年はシボレー「コルベット」が誕生して65年となる記念すべき年だ。最初のコルベットは1953年6月30日、米国ミシガン州フリントの工場で製造された。同年に作られた300台のコルベットはすべて白いボディに赤い内装の組み合わせだった。シボレーはこのコルベット誕生65周年を祝して、650台の限定モデル「コルベット カーボン 65 エディション」を発表した。



このパッケージには、リアスポイラーやクォーターダクトをはじめ、いたる所にカーボンファイバー製パーツが使用されている。新色のセラミック・マトリックス・グレーをまとい、コンバーチブルのソフトトップはブルーになる。カーボンパーツやブルーのブレーキ・キャリパー、特製センターキャップが付いた機械切削加工仕上げのブラック・ホイールだけでは特別モデルだと気づかない人のために、フェンダーのストライプとドアにグラフィックで「Carbon 65」と記されている。

ドアを開けると足元には特製キックプレートが装着され、カーボンリムのステアリング・ホイールとコンペティション・スポーツ・バケットシートを装備。ジェットブラックのスエードで仕上げられた室内は各部にブルーのステッチが施されている。



この「カーボン65エディション」は、「グランスポーツ」の3LTトリムと「Z06」の3LZトリムのクーペまたはコンバーチブルに用意されるという。販売開始は今年の夏以降で、価格はベース・モデルに1万5,000ドル(約165万円)がプラスされる。

また、シボレーは2018年モデルのコルベット全般についてもアップデートを発表している。これによるとグランスポーツでは「Z07 パフォーマンス・パッケージ」を選択しなくてもセラミックブレーキが装着可能となり、スティングレイではマグネティック・ライド・コントロールが単独オプションとして装備できるようになった。ホイールにも新たなオプションが用意されるようだ。


By Antti Kautonen
翻訳:日本映像翻訳アカデミー