【ビデオ】名チューナーの手掛けたフェラーリ「エンツォ」とマセラティ「MC12 コルサ」がニュルで対決!
スーパーカーのイベントを手掛けるGran Turismo Eventsは、毎年ニュルブルクリンクで恒例のトラック・イベントを開催している。

今回は、ドイツの有名チューナー、エド・コンペティションが手掛けたマセラティ「MC12 コルサ」とフェラーリ「エンツォ ZXX」も参加し、会場を大いに盛り上げたようだ。

ZXXは、フェラーリの「エンツォ」をベースにエド・コンペティションとZR Exoticsというカーディーラーが共同開発したマシンで、2011年に行われたカナダのロードレース、タルガ・ニューファンドランドで大西洋に水没してしまったが、修復され今回復活を遂げた。

映像には、グリーン・ヘルと呼ばれるニュルブルクリンクの北コースを猛スピードで走る2台の様子が映し出されている(マセラティは運転席からの映像)。755hpを発揮するMC12のドライバーは、レーサーのパトリック・サイモン。そして、840hpのZXXを操縦するのは、ニュルブルクリンクの有名女性ドライバー、サビーネ・シュミッツだ。

では、早速ビデオをチェックしてみよう。



By Jonathon Ramsey
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

※こちらは過去の記事を一部修正し、加筆したものです。