走行距離はわずか130km! ほぼ新車状態の1996年型メルセデス・ベンツ「SL500」がオークションに登場
Related Gallery:80 Mile 1996 Mercedes-Benz SL500

愛車のキーを紛失してしまったら、普通なら販売店が自動車登録番号を基に新しいキーを手配してくれる。その費用が高くつくことはあっても、キーを無くしたという理由でクルマを20年も放置しておくほどの無駄遣いにはならない。

英国のあるメルセデス・ベンツ「SLクラス」の女性オーナーは、どうやらそんな無駄遣いをしてしまったようだ。1996年に彼女は、鮮やかな赤い「SL500」(R129型)を誕生日プレゼントとして受け取ったものの、間もなく、不運にもキーをどこかに置き忘れてしまった。その結果、SL500はロンドン中心部のナイツブリッジにあるガレージにじっと身を潜めることとなり、デジタル走行距離計はつい最近までわずか75マイル(約121km)を示していた。長年眠っていたため、クルマは今回、「軽微な再整備」を施されたそうだ。つまり、ガスケットやフルードなどの消耗品が全て交換され、20年分のほこりも払われたのだろう。オーナーが作成した、走行距離を証明する文書も付いているという。

そのSL500が英国で本日(4月12日)これから、Coysが開催する「Spring Classics」オークションに出品される。走行距離は数マイル追加されたものの、それでもたったの81マイル(約130km)だ。どれほどの値で落札されるかによって、走らせずに置いていたのが賢明な選択だったか、それともやはり大いなる無駄遣いだったかが判明するだろう。

Coysのクリス・ルートリッジCEOによれば、定期的に使われていた1996年式SL500の価値は5,000~7,000ポンド(約70〜96万円)程度であるものの、今回の個体はほぼ新車の状態であることから、その10倍ぐらいの値がつきそうだという。そして落札者にはもちろん、新しいキーが与えられるとのことだ。


By Antti Kautonen
翻訳:日本映像翻訳アカデミー