日本がカッコイイと絶賛された「自動地下自転車駐輪場」をご紹介
自転車の街と言えば、アムステルダム (ここは本当に自転車だらけ)と中国を思い浮かべるだろう。しかし、意外かもしれないが東京も負けず劣らずの自転車人口を誇っている。

実際、東京に通勤する人の90%が電車を使うが、その人たちの30%は最寄駅までの交通手段として自転車を利用している。これは相当な数である。

このため、自転車の駐輪場所も問題になってくる。そこで、安全で環境にもやさしい自動型ソリューションが登場した。自転車専用の地下駐輪場で、回転式の駐輪スペースに自転車を1台ずつ停めておくことができる(下の写真と映像を見れば意味が良く分かるだろう)。ここでの駐輪にはメンバーズカードの購入が必要で月々2,600円。




※こちらは過去の記事を一部加筆し、修正したものです。