【ビデオ】日産、マイナーチェンジした「エクストレイル」を中国で発表 日本仕様では「プロパイロット」も搭載か!?
日産は、4月6日に中国で「エクストレイル」のマイナーチェンジしたモデルを発表し、動画を公開した。

中国市場でエクストレイルは昨年18万台以上販売されており、北米市場と共に重要なマーケットとなっている。

ちなみにエクストレイルは、北米に投入されている「ローグ」の兄弟モデルであり、そのローグは昨年既に2017年モデルが公開されている。今回公開されたエクストレイルは、ローグとほぼ同様のバージョンアップが行われているようだ。

現行エクストレイルからの大きな変更点は、Vモーショングリルと呼ばれるラジエターグリルの大幅なデザイン変更とヘッドライトのデザイン変更、バンパーのデザイン変更が挙げられる。


リア周りではブレーキレンズのデザイン変更と、ルーフアンテナが従来のロッドアンテナからシャークフィンアンテナに変更された程度で大きな変更はないようだ。

なお、今回のエクストレイルのマイナーチェンジは、インテリジェントモビリティとしての進化も大きい。



中国モデルは基本的には左ハンドルとなるが、今回公開された動画には右ハンドル車が登場している。ステアリングはセレナと同様の物が採用されており、右に「プロパイロット」のスイッチ(水色)が装備されている。

中国モデルでは、インテリジェントモビリティとしての表現をしているが、右ハンドル仕様、つまり日本へ投入されるであろうモデルにはプロパイロットが採用される可能性が高いとみてもよさそうだ(リアの画像には燃費基準達成車ステッカーも装着されているようにも見えるのでほぼ日本仕様だろう)。

北米、中国でマイナーチェンジが実施されたことから、日本市場への投入も秒読みだろう。

画像引用:Introducing the new Nissan X-Trail, ready for new adventures

日産 公式サイト
http://www.nissan.co.jp/


Introducing the new Nissan X-Trail, ready for new adventures



2017 Nissan Rogue Overview (Full-Length)


Nissan Rogue | Return of the Snowman