以前、レゴのブロックでできたランドローバー「ディフェンダー」のラジコンカーをご紹介したが、同じ作者が今度はケータハム「セブン」(1/7スケール)を製作したという。

関連記事:【ビデオ】驚異の緻密さ! レゴでできたRCの「ディフェンダー」がオフロードを駆ける!!

スペイン在住のレゴマニア「Sheepo」が製作したセブンは、市販されている普通のレゴブロックと、レゴのテクニックパーツでできているという。実際に操縦可能なステアリングに加え、フロントはダブルウィッシュボーン式サスペンション、リアには3リンクのド・ディオン式サスペンションが組まれ、ディスクブレーキと、サーボによって実際にシフトする5速シーケンシャルのトランスミッションまで装備する。

全長45㎝、2500個ものパーツから成り、5つのモーターを搭載するSheepoのセブン。その重量は「軽量化」を設計理念としたセブンの設計者、コーリン・チャップマンも驚きの2.2㎏だ。

ではビデオと写真で、その精巧なつくりをご覧いただきたい。



By Jonathon Ramsey
翻訳:日本映像翻訳アカデミー

※こちらは過去の記事を再掲したものです。