ビー・エム・ダブリューは、メイン・スポンサーとして協賛する「KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭 2017」(会期:2017年4月15日~5月14日)の開催期間限定で、電気自動車「BMW i3」を、京都市に対し、門川大作市長の公務用車として貸出する。


 KYOTOGRAPHIEが開催される京都市は、1997年に地球温暖化防止の推進を謳った京都議定書が採択された都市であり、世界でも屈指の歴史豊かな町並みを保全している地域で、排出ガスをまったく放出せずに走行できる電気駆動車BMW i3(94Ah レンジエクステンダー装備車)を市長公務用車として期間限定で導入することで京都市と合意した。京都市庁舎前で実施された4月4日の車両引渡式では、クロンシュナーブル社長から門川市長にBMW i3が直接手渡された。


 今年からメイン・スポンサー契約を開始したBMWは、世界遺産・二条城内で開催される肖像写真の巨匠、アーノルド・ニューマンの没後日本で初めての回顧展をサポートする。BMW iは、 BMW i3を用いた会場内巡回シャトルカーおよび無料レンタルプログラムを提供するほか、イタリアのアーティスト「TOILETPAPER」によるラッピングが施されたBMW i3も展示する。


■BMW Japan 公式サイト
http://www.bmw.co.jp/ja/index.html