YAMAHA 2017 SCR950 ABS
 ヤマハ発動機株式会社は、人気の"スクランブラー"スタイルに 941cc 空冷 V ツインエンジンを搭載したスポーツモデル「SCR950 ABS」を5月25日より新発売することを発表した。
「SCR950 ABS」は、"Tough Explorer"をコンセプトに、鼓動感のある V ツインエンジンを搭載し、自由度の高いライディングポジションの採用、1960年代のオンロード・オフロードを走行する"スクランブラ ー"を思わせるスタイリングを再現して開発されたモデルだ。

YAMAHA 2017 SCR950 ABS YAMAHA 2017 SCR950 ABS 
 最大の特徴は、幅の広いハンドル、ゼッケン風サイドカバー、前後スポークホイールの採用やヴィンテージ感を漂わせたカラー&グラフィックを採用した、1960年代の"スクランブラー"を感じさせるスタイリングとカラーリング。

YAMAHA 2017 SCR950 ABS YAMAHA 2017 SCR950 ABS
 優れたトルク、出力特性を発揮し心地よい鼓動感をライダーに伝える941cm3 空冷4ストロークVツインFIエンジンを搭載し、点火時期・噴射マップの最適化を図ったFIにより、都市部周辺での低中速からの優れた加速性に貢献している。

YAMAHA 2017 SCR950 ABS
 フレームは、ベースとなる「BOLT」系のメインフレームに、新設計のリアフレームを組み合わせている。このことによりロング&フラットでスリムなシートを実現し、幅広でありながらも絞り角が少ないクロスバー付きハンドル、フットレスト位置の相互関係により、アップライトで自由度の高いポジションを可能としている。さらに、リヤタイヤの17インチ化など、新フィーチャーを織り込みバランスを整えたとのことだ。

YAMAHA 2017 SCR950 ABS YAMAHA 2017 SCR950 ABS
 その他の特徴としては、良好なクッション特性を備える専用セッティングされた、インナ ーチューブ径41mmのフロントサスペンション、ダンピング特性を専用セッティングし、ガス分離加圧のリザーバータンクを装着したリリアサスペンションの採用。軽量アルミリムを持つスポークホイールと組み合わせたブロックパターンのタイヤ、ウェーブ形状の前後ディスクブレーキ(フロントはフローティングマウント) 、丸型 LEDテールランプ、スモークレンズを採用した丸型液晶表示デジタル速度計の採用などとなっている。

YAMAHA 2017 SCR950 ABS
■「SCR950 ABS」
○カラー:ビビッドレッドカクテル 1(レッド)、ダークブルーイッシュグレーメタリック 8(グレー )
○メーカー希望小売価格(消費税8%込):1,060,560円
○販売計画:300台(年間、国内)
■発売日:2017年5月25日
■問合せ:「カスタマー コミュニケーション センター」0120-090-819


Related Gallery:YAMAHA 2017 SCR950 ABS

■ヤマハ発動機公式サイト
http://www.yamaha-motor.co.jp/mc/