ヤマハ発動機は、世界的に権威あるデザイン賞「Red Dot Award:プロダクトデザイン2017」(ドイツ「Design Zentrum Nordrhein Westfalen(ノルトライン・ヴェストファーレン・デザインセンター)」主催)において最高賞である"Best of the Best"に「XSR900」が選ばれたと発表した。


 ヤマハ発動機製品の同賞の受賞は2012年から5年連続となり、 "Best of the Best"に選定されたのは、2015年にモーターサイクル「MT-07」、車いす用電動アシストユニット「JWX-2」で初めて受賞してから、3製品目となる。


 この受賞で「XSR900」は、「グッドデザイン・ベスト100」「オートカラーアウォード2016 特別賞」「JIDAデザインミュージアムセレクションVol.18」「iFデザインアワード」に続き、5つ目のデザイン賞受賞となった。5つのデザイン賞を受賞した製品は「XSR900」が初となる。


デザイン本部長 長屋 明浩は今回の受賞について、世界的なデザイン賞の一つ「Red Dot Award」にて、2015年の「MT-07」「JWX-2」に続き「プロダクトデザイン」の最高賞をいただけたことは、当社がデザインに対して取り組んでいることへの評価と受け止めたいと思います。「XSR900」の開発では、デザインだけでなく設計や製造と一丸となったモノ創りを行いました。当社は本年デザインの本部拠点となるイノベーションセンターを開設。先行開発と製品開発を充実させ、グローバルにヤマハが一丸となって、よりいっそう魅力的な感動を呼び起こす新価値とヤマハらしいデザインを生み出していく所存です。」と述べた。


■ヤマハ発動機 公式サイト
https://www.yamaha-motor.co.jp/mc/