Related Gallery:INGING & Arnage Racing Ferrari 488 GT3

フェラーリの正規ディーラーであるコーンズ・モータースは4月2日、国内最高峰のモータースポーツ「SUPER GT」シリーズのGT300クラスに、フェラーリの最新GTレースカー「488GT3」で参戦する「INGING & Arnage Racing(インギング&アルナージュレーシング)」チームの新体制発表会を、コーンズ名古屋ショールームで開催した。



フェラーリ 488GT3は、V8エンジンをミドシップに搭載する市販スポーツカー「488GTB」をベースにしたレース用車両。昨年はメルセデス・ベンツ「SLS AMG」で参戦していたArnage Racingだが、今年はコーンズ・モータースのサポートを受け、INGING Motorsportとタッグを組み、No.50を付けたフェラーリ 488GT3を走らせることになった。

ドライバーは SUPER GTで長年活躍する都筑晶裕選手と新田守男選手。昨年はNo.51を付けたフェラーリで戦ったコンビだ。チーム監督はArnage Racingからエンジニア歴28年の伊藤宗治氏が務める。



4 月8日〜9日の岡山国際サーキットで行われる開幕戦に向けて、今回の体制発表会には伊藤宗治チーム監督とドライバーを務める都筑晶裕、新田守男の両名が出席。フェラーリとモータースポーツを愛し、応援している大勢の関係者が集まる中、すでにサーキット走行をはじめ積極的にテストを重ねているチームの現状や、今シリーズへの意気込みを熱く語った。



参戦車両のフェラーリ 488GT3がアンヴェールされた際には大きな歓声があがり、ドライバーとのフォトセッションで会場の盛り上がりは最高潮に。会場にはVRを活用した最新のレーシングシミュレーター「T3R」も設置され、ドライバーとゲストが対戦するなど、和気藹々としたパーティー形式の発表会となった。コーンズでは今後、顧客向けのSUPER GT観戦ツアーを開催し、同チームを応援していく計画だという。

伊藤宗治チーム監督
「フェラーリ 488GT3はレースに勝つために作られた非常に戦闘的なマシンです。このマシンで戦えることを関係各位に感謝いたします。今年はレース1つ1つを取りこぼさずにチャンスがあれば勝ちにいく、そういうレースをしていきたいと思います」

都筑晶裕選手
「マシンの足回りや空力性能も昨年より向上しているので、安定したレースラップを刻んでいきます」

新田守男選手
「昨年度よりも良い仕上がりなので、自身のGT300 クラス最多優勝記録を伸ばしたい。チームとしてもシ
リーズチャンピオン争いに最後まで残れるよう頑張ります」

Arnage Racing 公式サイト
https://www.arnage-racing.jp/

コーンズ・モータース 公式サイト
https://www.cornesmotors.com/