マツダ「MX-5 RF(ロードスター RF)」が、世界的に権威あるデザイン賞で最高位の賞を受賞!
Mazda MX-5(日本名:マツダ ロードスター)」のリトラクタブル・ハードトップ・モデルである「Mazda MX-5 RF(日本名:マツダ ロードスター RF)」が、世界で最も権威のあるデザイン賞のひとつである「2017年レッド・ドット賞」の中でも、プロダクト・デザイン部門において与えられる最高位の賞「ベスト・オブ・ザ・ベスト賞」を受賞した。

このデザイン賞で特に優れている工業製品に贈られるベスト・オブ・ザ・ベスト賞を、マツダ MX-5が受賞したのはこれで2度目。2015年にはソフトトップのMX-5が同賞を受賞している。つまり現行のND型マツダ ロードスターは、ソフトトップとハードトップの両方が「特に優れたプロダクト・デザイン」であると評価されたわけだ。

マツダのデザイン・ブランドスタイルを担当する前田育男 常務執行役員は受賞に際して次のように述べている。

「MX-5 RFではMX-5の新しい方向性に挑戦しました。このクルマは、デザイナー同士はもちろん、設計や生産技術のエンジニアが今まで以上にチーム一丸となって創り上げたものです。このクルマに関わった全員でこの賞を喜びたいと思います」


Related Gallery:2017 Mazda MX-5 RF: New York 2016

レッド・ドット賞は、ドイツの「Design Zentrum Nordrhein Westfalen(ノルトライン・ヴェストファーレン・デザインセンター)」が主催する約60年の歴史を持つデザイン賞。世界各国から応募された自動車に限らない幅広いカテゴリーの工業製品から、デザインの革新性、機能性、人間工学などの9つの基準に基づき審査され、クオリティの高いデザインに「レッド・ドット賞」が贈られる。MX-5が受賞した最高位の「ベスト・オブ・ザ・ベスト賞」の他に、特別賞である「オーナラブル・メンション賞」などがある。今年はヤマハ発動機の「XSR900」も、プロダクト・デザイン部門のベスト・オブ・ザ・ベスト賞に選ばれている。授賞式は7月3日にドイツのエッセンにて行われる予定だ。ちなみに昨年は「フェラーリ 488GTB」や「マクラーレン 570S」が、MX-5と同じベスト・オブ・ザ・ベスト賞を受賞した。

これまでマツダでは他にも、2013年に「Mazda6(日本名:マツダ アテンザ)」、2014年に「Mazda3 (日本名:マツダ アクセラ)」のハッチバックモデル、2015年に「Mazda CX-3」が「レッド・ドット賞」を受賞したほか、2015年に「Mazda2(日本名:マツダ デミオ)」がオーナラブル・メンション賞を受賞している。