【ビデオ】アウディ、クルマが人間の会話を解析し「ツッコミ」を入れる新技術を発表!
アウディは4月1日、クルマが人間の発言に"ツッコミ"を入れることができる新技術「Adaptive tsukkomi control」を発表した。



渋滞時に前方車両との車間距離を適切に保ち、車線を逸脱しないようステアリング操作をアシストする機能「トラフィックジャムアシスト」。アウディはその技術を発展させ、クルマをドライブのみならず、「あなたの発言のパートナーに」するシステムを開発した。最新の言語解析技術を適用し、クルマが会話の文脈や話者同士の距離感をモニタリング。"逸脱した発言"を感知すると、最適なタイミングと、絶妙な強さでドアを開閉し、"ツッコミ"を行う。



最新の言語解析技術で「間」を読む

このシステムの特徴は、言語を解析するだけでなく、会話の「間」を読むこともできること。車両に搭載された高性能な専用マイクが会話をモニタリングし、アウディ独自の自然言語解析エンジン(ANLE)により、会話の内容だけでなく、性別や声の抑揚、リズム、話者の息遣い、さらには国民性や地域性など約200項目からなる要素を分析。言葉の背景にある文脈や意図までをも汲み取り、絶妙な「間」をコントロールするという。

最新のセンシング技術がツッコミの強さをコントロール

さらにアウディの先進センシング技術は、人間の"逸脱した発言"を感知すると、ドアが開いて背後から"ツッコミ"を入れることさえ可能にした。ボディサイドに配置された複数のレーダーやサイドミラーに搭載されたカメラが、話者との物理的な距離感に加え、話者の手振りや身振り、動作の滑らかさ(緊張度合)、表情などの非言語コミュニケーションをリアルタイムで計測し、話者の置かれている状況を的確に判断するため、常に状況に応じた最適な強さのツッコミが得られる。



心地よい、洗練されたツッコミを実現

ツッコミにおけるドアの開閉には、人間の感覚的な側面からクオリティを評価するアウディの専門機関「ハプティック・チーム」が携わっている。約1,000項目にも及ぶ評価項目を設定し、動作のタイミングやスピード、当たりの強さなどをはじめ、ドアの開閉音まで綿密に研究。心地よい、洗練されたツッコミの実現を目指した。

好みや場所に合わせたツッコミが選択可能

このツッコミは、オプションの「Audi tsukkomi select」を使えば、オーナーの好みによって「ノリツッコミ」「どつきツッコミ」「スカシツッコミ」「オートモード」という4つのモードから選択可能。オートモードでは、「Audi connect」を通してインターネットに接続し、現在地を特定することで、その場所のユーモアセンスに応じた最適なツッコミを実現する。

人類史上初、漫才への挑戦

アウディがこれまで多くの技術をモータースポーツで磨いてきたように、このAdaptive tsukkomi controlも実戦の場で技術向上を目指すという。"ボケ"と"ツッコミ"のプロフェッショナルであるお笑い芸人と漫才トリオを結成し、人類史上初の人とクルマによる漫才に挑戦した。その様子は以下の動画でご覧いただける。



既にお気付きの通り、このニュースは毎年恒例、アウディによるエイプリルフール企画。漫才はともかく、いつか人とクルマのコミュニケーションは、運転だけでなく会話を通して可能になるのかもしれない...。

アウディ ジャパン 公式サイト
http://www.audi.jp/

Audi Adaptive tsukkomi control 特設ページ
http://www.audi.jp/technology/adaptive_tsukkomi_control/index.html