マフィアによるエンツォ・フェラーリ氏の遺体強奪計画を警察が阻止!
イタリア警察は3月28日、自動車業界の伝説"エンツォ・フェラーリ"の強奪計画を阻止したと発表した。狙われたのはスーパーカーのフェラーリ「エンツォ」ではない。エンツォ・フェラーリ氏の"遺体"である。

フェラーリ氏は1988年、90歳でこの世を去った。同氏は世界最高レベルの速さと価格を誇る自動車を生産している会社の創始者だ。

ロイター通信とイタリアの報道機関によれば、サルデーニャ州ヌオーロの警察当局は「マフィアがフェラーリ氏の遺体を盗み出し、フェラーリ家あるいは同社に身代金を要求する計画があった」と記者会見で明らかにしたという。

警察は、兵器と麻薬の不法取引を捜査中にこの陰謀に気付き、ヘリコプターとパラシュート部隊を投入して計34人を逮捕している。

フェラーリ氏の遺体は、イタリア中部マラネッロにあるフェラーリ社に近いモデナの家族墓地に埋葬されており、マフィアの構成員は埋葬場所を何度も下見に訪れていたとのこと。

エンツォ・フェラーリ氏の名前は最近、別の種類のニュースでも何度か耳にした。このレース界の偉人を主人公とした2本の伝記映画が近々公開になる予定で、それぞれ俳優のロバート・デ・ニーロヒュー・ジャックマンが同氏を演じているのだ。


By Greg Rasa
翻訳:日本映像翻訳アカデミー