LEXUSは、ラグジュアリー車市場が近年急速に拡大するインドにおいて、専売店4拠点とアフターサービス専門施設4拠点を開設し、3車種(RX、ES、LX)の発売を3月24日から開始した。


開業時に導入する車種は、ラグジュアリークロスオーバー「RX450h」、ラグジュアリーセダン「ES300h」、フラッグシップSUV「LX450d」の3車種。2018年には、フラッグシップセダン「LS」を発売する。

LEXUS India
Lexus International 澤 良宏 Executive Vice Presidentは「初代LSは高級車の新たな基準として、ラグジュアリーの概念を再定義するモデルとなるべく生まれました。この思いは、現在のLEXUSブランドやモデルラインアップに継承されています。環境に配慮し、優れたパフォーマンスを求めるインドのお客様に、想像を超える驚きと感動を提供できるよう、努力してまいります」と語った。


LEXUS India 竹村 章敏 Senior Vice Presidentは、「LEXUSは商品、アフターサービスをはじめ、あらゆるコミュニケーションを通じ、インドのお客様に想像を超えるブランド体験を提供してまいります。LEXUSのエモーショナルなモデルを投入することで、成長著しいインドのラグジュアリー車市場に新たな価値を提供したいと考えています。今後も、革新的かつ魅力ある商品をお客様に提供し続けてまいります」と意気込みを語った。

 専売店は、ニューデリー、グルガオン、ムンバイ、ベンガルールの4都市に開設。チャンディーガル、ハイデラバード、チェンナイ、コーチには、アフターサービス用の専門施設を設置する。専任のセールスマネージャーが販売を担当し、24時間365日対応のカスタマーコールセンターを設け、質の高いサービスを提供する。

Related Gallery:LEXUS India
■レクサス 公式サイト
https://lexus.jp/