SUZUKI WAGONR

●ワゴンR伝説を天才、鈴木修・当時社長の大英断から振り返ってみる!

SUZUKI WAGONR
 いやはや一瞬、見返しちゃいましたぜ! 新型ワゴンR、それも特に超ワイルド顔のスティングレー。今の激動の軽自動車界を象徴する旧盟主たる存在で、振り替えればそもそも93年に生まれた初代は、実に画期的な実用車でありました。


<初代ワゴンR>
 ほどよく楕円や台形フォルムを使いつつ、キャビン、ヘッドライト、そのほか見事にボクシーな四角アイコンを多用したシンプルかつ美しいエクステリアデザイン。まさしく走る無印良品そのもの! でした。
 インテリアもそっけないほど直線的でシンプルで、しかし使い易く、なにより当時他にない全高1.6m台のトールボーイコンセプトを軽初採用。

 ウワサじゃスズキは初代ワゴンRに当初別の名前を付けて「ニッチな趣味人」向けだか「アルトの傍流」として売ろうとしていたもよう。ところが販売直前、カタログ印刷まである程度済んた段階で、当時社長だった鈴木修さんが、おい、これは次世代系の主流派になりうる!? 的な判断を下し、当時のアルトに代わる軽のメイン車種として位置づけることを決定(あくまでもウワサですけど)。

 名前も「ワゴンもあ〜る」というダジャレのごとき発想でワゴンRと土壇場で変えて発売。そしたらいきなりバカ売れで、その後何年も軽販売のランキングトップに君臨! 一時は白ナンバートップのトヨタ・カローラを超えて、新国民車となったほどよ。
 実際安くてシンプルで使い易くて良かったんですワゴンR。いま初代を見ると若干の貧弱さは否めないけど、助手席座面を開けると出てくるバケツとか使い易かったもんね。洗車道具などを入れとくのにも便利だったし。

●なんとのび太とジャイアンぐらい全然違うキャラの振れ幅!

suzuki wagonR
 ワゴンRはその後、ダイハツ・ムーヴやホンダ・ライフなどフォロワーを生みつつ快進撃。ところが10年目の2003年にダイハツ・タント、2011年にはホンダN-BOXと、ワゴンR以上の背の高さと広さと両側スライドドアを持つスーパーハイト系が出ちゃったからたまらない。


 正直どっちも特別カッコ良くなかったけど、超実用性に徹したところがウケまくって現在軽ベストセラーとして君臨中。ワゴンRを始めとするセミトールワゴンはすっかりセカンドグループに成り下がっちゃったわけです。それでも十分売れてましたけどね。

SUZUKI WAGONR
 そしていよいよ今年遂に6代目ワゴンRデビュ−。いったいどういう攻撃に出るのか? と思いきや驚いたのがその超ビックリ顔戦略。主にフロントマスクを変えた3バージョンを用意し、それものび太! スネ夫! ジャイアン!! って言いたくなるくらいのキャラクター違い。

SUZUKI WAGONR
 マジメなのび太顔の「FA」「FX」グレードに、ちょっとクールな2段重ねのスネ夫顔の「FZ」グレードに、最後は過剰ワイルドジャイアン顔の「ワゴンRスティンググレー」。今までもノーマルワゴンRとスティングレーのマジメ&ワイルド二刀流ではありましたが、正直のび太とスネ夫程度のキャラ違い。


 ところが今回はマジでのび太とジャイアンぐらい全然違うキャラの振れ幅! そこに今回スズキがワゴンRにかける思いを見たような気がしました。

●とはいえのび太のマジメさったらない!


 まず乗ってみたのはのび太顔でマイルドハイブリッド付きの「FX」。まずはそのマジメさにビックリです。エクステリアデザインはまさに原点回帰で、初代の如き真四角ディテールの塊。外寸は全長&全幅共に軽の寸法限界で、全高もワゴンRの定石通り1.6m台。


 全体フォルムもほどよいキャビン高が目に付くセミトールワゴンの王道で、なによりマジメな真四角ヘッドライトに「遂に本気で原点回帰か」感タップリ。最近、釣り目になって微妙に色気出してましたが、ようやくワゴンRらしくなりました。


 そして乗ってビックリやたら広くて明るい! 室内はドア内側を削って横幅を広くしてるし、プラットフォームが新しくなった分、ホイールベースが広がって前後カップルディスタンス35mmプラス!


 さらに効いてるのが実用的で直線的な室内デザインと初代以上のタナ数の多さ。助手席前はもちろん、運転席前にも真四角なカップホルダーとちょっとしたタナを用意。こういうところにサラッとスマホとかサイフとか置けて便利なのよね。


 それでいてセーフティパッケージ装着車は軽初のヘッドアップディスプレイ標準装備。ついでにお値段は14万円強とお高いですが、アップルカープレイ対応ナビもオプション装着可能でシンプルで使い易いだけでなく、ハイテク性もほどよく備えることができます。


 さらにビックリなのは走りで、今回スズキ自慢の"なんちゃってハイブリッド"ことマイルドハイブリッドが微妙に性能アップしてて、モーター出力が3.1psに強化されたのと、超小さい弁当箱サイズのリチウムイオン電池が容量約3倍の120whにアップ。


 結果、EVパワーアシスト量が増えた上、なんと条件さえ良ければEV走行も可能に! とはいえわずか10秒ポッキリでそれもクリープ走行ぐらいなんですけどね(苦笑)。

suzuki wagonR
 でもたった52psの660cc直3ノンターボでも、マイルドハイブリッド付きなら街中ソコソコ出足良く走れます。高速じゃちょっと物足りなかったけどね。

●賛否両論のジャイアン顔はどう思うかい?

 一方賛否両論なデザイン領域に踏み込んできたのがハイパワー版の64馬力ターボも選べるワゴンRスティングレー。


 かつても横基調のボクシー顔でしたが、今回は極端なワイルド顔。まず写真を見て、さらに実物も見ていただきたいですが、なんですかコレ? って毒あるグリル。もしやスズキっていうよりGM、それもキャデラックですか? ってワイルドアメ車顔になってて、ホント面白いわ。


 個人的には小さいボディで虚勢張るタイプじゃないので、まったくもってノーマルで十分ですが、こういうのがスキな人もいる。っていうかスズキのSをシボレーなんかのボウタイロゴに変えたいところです。

SUZUKI WAGONR
 かたやインテリアは基本ノーマルと同デザインですが、全体がブラックでかなりワイルドになってるのとほどよくレッドラインが入ってオシャレ。外観ほどクセはありません。


 なにより今回はコチラのみ52psの660ccノンターボと、62psの660ccターボも選べて、特にターボはパワフル。なんせ最上級グレードのハイブリッドTなら3.1psのモーターアシストが受けられるし、3000rpmで10kgmの最大トルク発揮するし、さらにコイツのFFモデルで車重わずか800kgジャスト! 


 もちろんオートブログジャパン編集長並みの巨漢が4人も乗るとツラいでしょうが、小沢コージ1人ぐらいなら結構速い。これはこれでなかなかの選択です。


 最も小沢だったらシンプルなノーマルハイブリッドのFXグレードで十分かな? 117万円台から変えてハイテク安全のデュアルセンサーブレーキサポートとヘッドアップディスプレイ付けても127万円台。これなら軽の背高ノッポ系よりスーパーお買い得かもです。純正ナビは高いから、ま、iPadで十分かな?(笑)。

Related Gallery:SUZUKI WAGONR

■スズキ 公式サイト
http://www.suzuki.co.jp/