【ビデオ】『トップギア』司会のクリス・ハリスが、ブガッティ「シロン」の驚異的な加速を体験!
ブガッティシロン」が恐ろしく速いことは誰でも知っている。最高出力1,500hpのW型16気筒エンジンを搭載し、0-100km加速2.5秒以下、最高速度は420km/hでリミッターが作動するというスペックを耳にした人も多いだろう。しかし、英国の自動車番組『トップギア』で司会を務めるクリス・ハリスは、単なる数字を見ただけではクルマの実力を正しく理解していないということを証明してくれた。彼がステアリングを握るシロンの動画では、スピードメーターの針があっという間に3桁の数字に達し、250を超えてもまだ軽々と上がり続ける様子を確認できる。

多くのクルマ好きが知るように、ハリスはハイパフォーマンスカーに精通している。彼はフェラーリ「ラ フェラーリ」ポルシェ「918スパイダー」マクラーレン「P1」いわゆるハイパーカー御三家に乗った世界でも数少ない人物の1人だ。この動画は『トップギア』の最新シリーズの撮影中に撮られたものと思われる。それほど遠くないうちに、同番組でハリスとシロンの登場する新エピソードが見られるだろう。


By Reese Counts
翻訳:日本映像翻訳アカデミー