富士重工業は16日、同社が販売する運転支援システム「EyeSight(アイサイト)」搭載モデルの国内累計販売台数が、2017年2月に50万台を達成したことを発表した。



今や新型車には当たり前の装備といえるほど普及した自動ブレーキ(衝突回避被害軽減ブレーキ)だが、世間におけるその認知を一躍高めたのは、スバルのアイサイトを宣伝する「ぶつからないクルマ?」というTVCMだったはず。世界で初めてステレオカメラのみで、自動車だけでなく歩行者、二輪車までも対象としたプリクラッシュ・ブレーキや、全車速追従機能付クルーズコントロール等を実現したこのシステムは、2008年に発売された「レガシィ」で初採用された。最新バージョンの「EyeSight(ver.3)」ではカメラがカラー化したことに加えて望遠・広角化や高解像度化も進み、さらにステアリグ操作をアシストして車線逸脱を抑制する機能まで備わった。



現在、アイサイト搭載車は日本をはじめ、豪州、北米、欧州、中国の各市場で販売されており、2016年11月には世界累計販売台数100万台を達成。我が国では2008年5月に発売されて以来、8年10か月で50万台を超えた。現行車ではMT車やOEM車を除く多数のモデルに搭載され、スバル車オーナーの8割がアイサイト装着を選んでいるという。

アイサイトの予防安全性能は世界中の第三者機関から高く評価されており、米国ではアイサイトを搭載したスバル車が、道路安全保険協会(IIHS)による2017年安全評価の前面衝突予防性能試験において、最高評価「Superior」を獲得。日本でも国土交通省とNASVA(独立行政法人 自動車事故対策機構)が実施する予防安全性能アセスメントにおいて、最高評価であるJNCAP「予防安全性能評価 ASV++」に選定されている。欧州の新車評価基準であるユーロNCAPにおける2016年安全性能総合評価でも、最高評価のファイブスターを獲得した。

車種別アイサイト搭載モデルの累計販売台数と構成比(2017年2月末時点)
レガシィ:110,065台(21.8%)
インプレッサ:165,156台(32.8%)
フォレスター:107,837台(21.4%)
WRX:12,602台(2.5%)
レヴォーグ:87,187台(17.3%)
エクシーガ:21,017台(4.2%)
合計:503,864台

スバルのアイサイト搭載車ラインアップはこちら。
http://www.subaru.jp/safety/eyesight/lineup/