レクサス、新型ラグジュアリー・クーペ「LC」を発売 
Related Gallery:Lexus LC
Lexus LCLexus LCLexus LCLexus LCLexus LCLexus LCLexus LCLexus LC

レクサスは16日、新型ラグジュアリー・クーペ「LC」を日本国内で発売した。2016年1月の北米国際オートショーでデビューしたレクサス LCは、その4年前に同じ場所で公開されたコンセプトカー「LF-LC」のデザイン・イメージをモチーフに、新開発プラットフォーム「GA-L」(global architecture for luxury vehicles)を採用することで、「慣性諸元の作りこみやボディの高剛性・軽量化に徹底的にこだわり、FR車が持つ本質的な魅力である優れた走りとデザインを実現」したという。



低くてワイドなボディは、全長4,770mm × 全幅1,920mm × 全高1,345mm。ホイールベースは2,870mm。オーバーハングを切り詰め、四隅に配した車輪を張り出したフェンダーが覆う。フロントのボディと一体化されたスピンドルグリルの両側には、新開発された超小型3連LEDヘッドライトとL字型に発光するLEDクリアランスランプ(デイライト機能付)を装備。スピンドル形状のテーマを反復したリアは、テールランプ外側から縦下方向に伸びたターンシグナルランプや、左右の下端に輝くエキゾースト・パイプと合わせ、重心の低さとワイド感を強調したという。ボディ・カラーは、高彩度なイエローの発色を実現した「ネープルスイエロー コントラストレイヤリンク」と呼ばれる新開発色を含め、全11色が設定されている。



フロント・ミドシップに搭載されるパワー・ユニットは2種類。「LC500」の5.0リッターV型8気筒エンジンは最高出力477ps/7,100rpmと最大トルク540Nm/4,800rpmを発揮。「天使の咆哮」と呼ばれたスーパーカー「LFA」のサウンドを継承しているという。吸気脈動によってダンパーを増幅振動させ、心地よいエンジン音を室内に響かせる「サウンドジェネレーター」や、排気流路の切替バルブを採用することで、クルージング時の静粛性と加速時の迫力あるサウンドを両立させている。このエンジンに組み合わされる10速トルクコンバーター式オートマチック・トランスミッション「Direct Shift-10AT」は、構成部品のアルミ化による大幅な軽量化と部品の小型化が施された。また、アクセルやブレーキ、車両のG(重力加速度)から、ドライバーの意図を読み取り、最適なギヤを選択する新制御も採用されている。



"ハイブリッド"の頭文字が車名に付属する「LC500h」は、最高出力299ps/6,600rpm、最大トルク356Nm/5,100rpmの3.5リッターV型6気筒エンジンと、180psと300Nmを発生する電気モーターを搭載し、この両方を"10段変速相当"に制御できる有段ギアを組み合わせた世界初の「マルチステージハイブリッドシステム」を採用。発進時の力強さから、燃料消費を抑えた高速巡航時まで、システム合計最高出力359psを効率よく使える。JC08モード燃費15.8km/Lを達成しながら、0-100km/h加速は5秒以下と従来の5.0リッターV8ハイブリッド車を凌ぐという。ガソリン車と同様、マニュアルでシフトできる「Mモード」がレクサスのハイブリッド車として初めて搭載されている。



「リニアな応答性を目指してボディ剛性を競合トップレベルへと高め、ステアリング操作に対してすっと向きを変える優れたボディ追従性を実現」したという車体は、重心から遠い位置の部材を、軽量なCFRP(カーボンファイバー強化樹脂)やアルミニウムに材料置換することを推進。サスペンションタワーにアルミダイキャストを使用するため(上の画像:右)、スチール製ボディとの結合を可能にする新しい結合技術「セルフピアッシング リベット」も採用された。ドアやトランクリッドのインナーはCFRP製で、さらにベース・モデルと"S package"には、CFRP製ルーフも標準装備される("L package"はガラスパノラマルーフとなる)。



サスペンションは前後ともマルチリンク。フロントはダブルジョイント式の上下4本アーム構造で、より低い位置にアームを配置することが可能であるため、21インチ・タイヤの採用や低いボンネット・フードが実現できたという。標準装着されるタイヤは、ベース・グレードと"L package"が前245/45RF20+後275/40RF20、"S package"は前245/45RF21+後275/35RF21。いずれもランフラットタイヤだ。フロントのブレーキにはアルミ製ハットを採用した新開発の20インチ・ディスクローターと対抗6ポッド・アルミモノブロック製キャリパーが装備されている。



スポーティな"S package"は、車両の電子制御システムに、ギア比可変ステアリング(VGRS)、電動パワーステアリング(EPS)、後輪の切れ角を制御するダイナミックリヤステアリング(DRS)も統合制御する「LDH(レクサス・ダイナミック・ハンドリング・システム)」を専用装備。これにトルセンLSDを組み合わせることで、旋回中の加速性能を向上させ、さらにブレーキ制御と協調したアクティブステアリング制御により、ドライバーが制御されていることを感じることなく、すぐれた旋回加速性 、ライントレース性、車両コントロール性を確保するという。また、速度が80km/hを超えると自動的に立ち上がりダウンフォースを高める格納式「アクティブリヤウイング」も装備する。




インテリアは「ドライビングの高揚感を演出する」運転席空間と、「乗員を包み込むおもてなし」の助手席側空間を融合させたという。"L package"のセミアニリン本革シートには、メイン部とサイド部を分割したレイヤー構造を採用し、"S package"とベース・グレードに装備されるアルカンターラ/本革のスポーツシートは、より高いホールド性を実現するため、表皮一体発泡工法を採用。メーターパネルはLFAの可動式メーターリングを継承する8インチカラーTFT液晶式だ。レクサス初となるφ365mmの小径ステアリング・ホイールには、手首の捻り方に合わせて断面を変えた新しいグリップ形状が開発された。大型のパドルシフトはマグネシウム製。レクサスのFRモデルで初めて「エレクトロシフトマチック」を採用したシフトノブの、金属をインステッチで縫製されたレザーが包み込むようなデザインは、職人の技術によって可能になったそうだ。内装色は新規開発された大胆な3トーンの「ブリージーブルー」や、逆にローコントラストのブラウン系でまとめられた「オーカー」を含め、全4色から選べる。



LCは先進予防安全パッケージ「Lexus Safety System +」を全車標準装備。これには、歩行者検知機能付衝突回避支援タイプ「プリクラッシュセーフティ」、車線逸脱による事故の予防に貢献する「レーンキーピングアシスト」(LKA)、夜間歩行者の早期発見に寄与しロー・ハイビームを自動で切り替える「オートマチックハイビーム」(AHB)、そして設定車速内で先行車の車速に合わせて速度を調節することで一定の車間距離を保ちながら追従走行できる「レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付)」が含まれる。さらに、エンジンフードを4つの支点でポップアップさせる4点式ポップアップフードをレクサスで初めて採用し、低いフードのデザインと万が一の衝突時における歩行者保護性能を両立している。



レクサスでは「匠」と呼ばれる熟練工が技術を発揮できるように、元町工場にLC専用の生産ラインを設置した。床面や天井が白1色の作業しやすい環境で組み立てられ、最後に専用に設計されたガラス張りのブースで厳しい検査を受けてから、顧客のもとに届けられる。

価格はLC500が1,300万円から1,400万円。LC500hは1,350万円から1,450万円。LC500hは3月16日に発売されるが、LC500は遅れて4月13日に発売予定となっている。

詳しい情報は以下のURLからレクサス 公式サイトでご確認を。木下隆之氏による試乗記も是非、ご覧いただきたい。


レクサス 公式サイト:LC
http://lexus.jp/models/lc/