DUCATI  2017 SUPERSPORT
   年末に行なわれる「インターモト」や「ミラノショー(EICMA)」でお披露目されたニューモデルは、翌年の春先に発売されることが多い。メーカーはそれまでの冬の間に発表試乗会をおこない、我々が試乗してインプレを書いて誌面を賑わせる。

DUCATI  2017 SUPERSPORT
 しかし多くのバイクメーカーにとっては極寒期にあたり、工場からの出来立てホヤホヤのマシンを近場でテストすることは困難(バイクはそこがつらい)。そこで選ばれるのがスペインだ。
僕自身、海外試乗会にはもう数十回参加させてもらっているのだけれど、その8割越えがスペインで行なわれている。それは比較的気候が温暖ということがひとつ。そして、雨が少ないというのが2つ目の理由であろう(バイクにとっては非常に重要)。

しかし・・・スペインは遠い。

 昨年、十数年ぶりに我が国からの直行便が復活したのであるが、まだまだ本数は少ないらしくそれにはいまだに乗った試しはない。さらに我々がテストする場所はバルセロナやマドリッドではなくて、やっぱり僻地。いや、実際はスペインといえどもそのあたりはやはり寒く、温暖な場所を探していくと地中海沿いの南部となることがほとんど。通常3本のフライトを乗り継ぎ、フラフラになって現地へ到着・・・と、なんでそんなつらそうなことを行なっているかといえば、それがやっぱり刺激的で楽しいからにほかならない。開発者たちの熱い思いを生の声で聞き、彼らがもっとも相応しいと思われるシチュエーションでニューマシンを思いっきり走らせることが出来るから、2泊5日のような強行スケジュールであっても喜んで出かけていくわけだ。

DUCATI  2017 SUPERSPORT
 ドゥカティのニューモデル、「スーパースポーツ」の発表試乗会の会場はやはりスペイン。太陽がまぶしいアンダルシア地方、セビリアで行われた。ドゥカティにとって、10年ぶりの復活となるこのネーミング。スーパースポーツというと、我が国ではレーサーレプリカ的なカリカリなマシンをイメージさせる。

DUCATI  2017 SUPERSPORT
 しかし、ドゥカティの「スーパースポーツ」というモデル名は、サーキット走行やレースに限定されない、もっと守備範囲の広いキャラクターとなっており、それらの業務は「851」から「916」・・・、そして「パニガーレ」へと続く"スーパーバイク系"が受け持つことになっている。

DUCATI  900SS DUCATI  750SS
スーパースポーツシリーズの「900SS(赤)」と「750SS(シルバー)」

 個人的にも、「スーパースポーツ」の系譜である93年式の「900SS」を所有していたことがあった。スタイリッシュでスポーティーながら、トルクフルで飛ばさない走りも許容。意外な万能選手具合が楽しく、ラインナップ落ちしてからも復活を熱望する声が高かったのもうなずけるマシンだった。その一方で、ハンドル切れ角の少なさや、サスペンションの設定がややハードかつ高速設定な割り切りも感じられたりもした。

DUCATI  2017 SUPERSPORT
 そして今度の「スーパースポーツ」は、さらに行動範囲を広げて復活したという。一体、どんなマシンになっているのか? 意気揚々とスペインに乗り込んだ。
 時差ボケでフラフラになりつつも「よっしゃ!」と目覚めると、外は雨・・・。筆舌に尽くしがたいこの落胆具合・・・、ここに来るまで何時間かかったか・・・。ブルーな気分のままバスに乗り、会場となるモンテブランコサーキットに到着。ずらりと並ぶずぶ濡れの「スーパースポーツ」が出迎えてくれる。
 しかしそれは、雨に濡れることによって、よりオーラというか、輝きを放っているようにも感じられる。これは昨年末の「ミラノショー(EICMA)」でもっとも美しいマシンに選出されただけのことはある。ほんの少しばかり気を取り直して、まずはマシンのアウトラインを確認。

DUCATI  2017 SUPERSPORT DUCATI  2017 SUPERSPORT
 まず、「スーパースポーツ」には上位モデルの「S」と「STD(スタンダード)」の2種類がラインナップされている。

DUCATI  2017 SUPERSPORT DUCATI  2017 Monster1200
 フレーム、スイングアーム(方持ち)は「モンスター1200」と基本的に共通。ホイールベースやキャスター角も同様とのことだが、パイプハンドルを採用するモンスターとはステム周りが異なるし、外装ももちろん全然違うのだから、受ける印象はまったく異なる。当然、ライディングポジションも異なるのであるが、意外なのはそのフレンドリーな肌触りだ。

DUCATI  2017 SUPERSPORT DUCATI  2017 SUPERSPORT
 スタイリングはパニガーレを髣髴させるスポーティさが感じられるのだけど、ハンドル位置が高めで前傾度が緩い。パニガーレに跨った際に感じられる威圧感というか緊張感はまったく無く、なんだかリラックスして接することが出来る。とはいえ、どんなにサーキット走行を繰り返そうとも、やはり走り始めは緊張するものだ。とくにハイパワーのマシンはその傾向が強いのだけれど、僕の中ではドゥカティもまたその手のマシンなのである。それは、やはりレーシング直系と思わせるレスポンスの良さ。打てば響く。という類の歓迎すべきキャラクターではあるのだけれど、ぬるい気持ちで乗ると、振り落とされてしまう・・・、訳ではないものの、ちょっとギクシャクさせやすかったりもする。それはハンドリングやエンジンレスポンスの遊びの少ないシャープさ。緊張というよりも、集中して神経を研ぎ澄ましておかないと身体の反応が遅れて上手く乗れないだけでなく、楽しさも感じ難い。

DUCATI  2017 SUPERSPORT
しかし、「スーパースポーツ」はそんな気持ちでいると拍子抜けするほどのフレンドリーさで驚かされる。
DUCATI  2017 SUPERSPORT
まずは、「S」をサーキットで試乗。レインタイヤを履いているとはいえ、ウェット路面での接地感の豊富さが緊張を取り除いていく。まず、ハンドリングの軽快さ。前後の荷重配分が適切で、ライン選択の自由度が非常に高い。ドライでよりプッシュする走りであれば、もっと前輪荷重が強く前傾姿勢のほうが高い旋回力を引き出せるかもしれないが、今回のようなコンディション。また、そこまでカリカリに追い込んだ走りをしなければ、フロント荷重が強すぎないこのヒラヒラ具合が良い塩梅となる。バイクまかせではなく、自分でコントロールしていく操作感が気持ち良い。なにより軽快で1000cc近くあるなんて忘れさせてくれるイージーさ。まさにライトスポーツといった印象だ。軽量な車重はブレーキングにも自信を持たせてくれる。そう。やっぱり軽さがいろいろな場面で活きてきているのだ。

DUCATI  2017 SUPERSPORT DUCATI  2017 SUPERSPORT
 「S」モデルの特徴でもある前後のオーリンズサスペンションは見た目の美しさだけでなく、動きの良さも折り紙つき。また、細かいセッティング変更が出来るのも魅力である。ちなみに今回は、ウェット路面ということを考慮しつつも、サーキットでの走行ということで、前後プリロード。そして圧側、戻側の減衰力ともに、標準セットよりも少しだけハードに設定してあった。しかしそこで感じられたのが、前後過重の受け渡しのスムーズさ。感触はソフトで動きもやや大きめであるが、予測できる動きが逆に安心感につながっている。

ああ。雨でもメチャクチャ楽しいじゃないか!

DUCATI  2017 SUPERSPORT DUCATI  2017 SUPERSPORT
 エンジンは「ハイパーモタード」に搭載される937ccの排気量を持つテスタストレッタ11°がベース。先日発表された「ムルチストラーダ950」に搭載されるものにかなり近い仕様というが、エンジンカバー等はオリジナルのものとなっている。また、興味深いのがエンジンマネージングシステムが2輪ではまだあまり聞くことのない、タイヤでお馴染みの『コンチネンタル製』を使用しているところ。同じエンジンでも「ムルチストラーダ」が『ボッシュ』、「ハイパーモタード」が『マレリ』と、3車3様なのが面白い。
 そして、そのエンジンパフォーマンスがこれまたフレンドリーなナイスキャラ。開け始めに唐突なところがなく、必要以上に神経を使うことがない。そして、ストレスなく高回転域まで力強く回り切る。長いロングストレートではメーター読み、240キロにもうすぐ届きそうなところ。最新の「スーパースポーツ」に慣れた身体に強いインパクトはないものの、十分速く、しかも恐怖を抱かせるものではないため、他の操作をしっかり意識して行なうことができる。

DUCATI  2017 SUPERSPORT DUCATI  2017 SUPERSPORT
 まだ濡れている路面では、アクセル操作に細心の注意を払う。それでも慣れるに従いペースアップするなかで、メーター上のランプが点滅してトラクションコントロールの介入を教えてくれる。しかし、その情報がなかったとしたら、その作動に、つまり滑ったことにすら気が付かないのでは? というほどの自然さ。以前はその挙動でもって介入を知り、そこに感動もしたものであるが、今は気が付かないことに驚いている。

テクノロジーがさらに進んでいることにもまた感動したのであった。

DUCATI  2017 SUPERSPORT
 昼食後に、今度は「STD」仕様を公道で試す。引き続き雨が降っているため、ライディングモードはツーリングを選択して走り出す。すると、さきほどの軽快さとはまた違った一面を感じさせる落ち着いたキャラクターが顔を出す。サーキットでの高回転域中心の走りと異なり、低中速域をメインに使うこともあるかもしれないけれど、トルクフルでレスポンスも穏やかな印象。トルクは3000rpmでその80%を発揮するとのことで、回転を上げずともスコンスコンとシフトアップしていくことが可能だ。「S」モデルはオートシフターが標準装備されているから、そのメリットもより享受しやすいかもしれないが、「STD」でもつながりは良好。低回転域でもガクガクッと回転が粘らないなんてこともないから、ドゥカティには苦手と思われたずぼらなライディングも許容する。そうなると、車体の印象もまた落ち着いて感じられるから不思議だ。リラックスしたライポジといい、イージーなエンジンキャラクターといい、これならツーリングシーンでも全然使えるじゃないか!

DUCATI  2017 SUPERSPORT DUCATI  2017 SUPERSPORT
 その一方、スポーツモードを選択すれば、一皮。いや、二皮ほど剥けた元気さがあらわれて、先ほどのサーキット走行で感じられた快感が味わえる。それはクランク回りが軽くなったかのような印象で、そうなると、やっぱり車体のほうも軽く感じられる。乾き始めたスペインのワインディングでは好んでこちらを選択したくなる。しかしまた振り出した雨の下では、やはりツーリングモードに戻し・・・、と、そんなキャラクターの違いをクイックに取り出せるのもうれしいポイントである。また、そんな不確定要素の多いシチュエーションでは、先ほどのトラコン。そしてABSの重要性も強く感じたのだった。

DUCATI  2017 SUPERSPORT DUCATI  2017 SUPERSPORT
 10年ぶりの復活を遂げたスーパースポーツは、モーターサイクルを取り巻く現在の状況をしっかり見据えたキャラクターが備わっていた。

DUCATI  2017 SUPERSPORT
 一言で言えば守備範囲が広いマシン。しかし、Hondaの「VFR」などにも通づる汎用性がありつつ、やはりドゥカティらしいスパルタンさもしっかり垣間見せてくれるあたり、待ったかいがあったと感じさせてくれる完成度となっていたのだ。

 価格はSTDが1,629,000円(赤)、Sは1,809,000円(赤)、1,839,000円(白)となる。導入時期は6月頃を予定している。

■Ducati 公式サイト
http://www.ducati.co.jp/


Related Gallery:DUCATI 2017 SUPERSPORT
DUCATI  2017 SUPERSPORT DUCATI  2017 SUPERSPORT DUCATI  2017 SUPERSPORT DUCATI  2017 SUPERSPORT DUCATI  2017 SUPERSPORT DUCATI  2017 SUPERSPORT DUCATI  2017 SUPERSPORT DUCATI  2017 SUPERSPORT