SUBARU XV
富士重工業は、今春発表予定の新型「SUBARU XV」の先行予約を2017年3月9日より開始した。


新型「SUBARU XV」は、「Fun Adventure」をコンセプトに、都会的で洗練されたデザインとスバルらしいSUVとしての走破性、そして世界トップクラスの安全性能を兼ね備えたクロスオーバーSUV。


歩行者保護エアバッグと先進運転支援システム「アイサイト(ver.3)」を全車に標準装備。次世代プラットフォーム「SUBARU GLOBAL PLATFORM」を採用し、高い操舵応答性と操縦安定性を実現、背の高いSUV特有のロールを少なくし、危険回避性能も大幅に向上した。AWD制御システム「X-MODE」をSUBARU XVとして初採用し、200mmの最低地上高を兼ね備え、本格SUV並みの悪路走破性を実現した。

SUBARU XV
フロントグリルは、ヘキサゴンモチーフを基本に、XVユニークのグラフィックとバンパーのテクスチャーと連動させた幾何学テクスチャーを施し、「Fun Adventure」 を体現したデザインとした。スバル車の共通モチーフであるポジションランプは、グリルの横バーと連続性を持たせ、BOXERエンジンのピストンのイメージを表現した。


リヤは、左右に大きく張り出したリヤコンビランプによりワイド感とシャープさを強調した軽快かつスポーティなデザインを採用。


インテリアは、ブラックとグレーを基調とした質感高いインテリアの各所にオレンジステッチをアクセントとして加え、XVらしい遊び心やアクティブ感を表現。インパネにはオレンジステッチを施し、質感を高めつつ遊び心を織り交ぜている。


シートは、4種類のシートトリムを設定。表皮やステッチに拘ることでスポ―ティさと遊び心を感じさせる、XVにふさわしいシートとしました。


2.0リッターエンジンを直噴化し、新たに1.6リッターエンジンを採用。SUBARU XVとして初の「X-MODE」の採用、SUVとしての本格性能も兼備えました。

Related Gallery:SUBARU XV
■スバル 公式サイト
http://www.subaru.jp/