マツダ、新世代現行モデル5車種の全グレードに先進安全技術を標準装備化すると発表
マツダは13日、日本国内で販売するほぼすべての新世代商品を対象に、先進安全技術「i-ACTIVSENSE(アイ・アクティブセンス)」の標準装備化を2017年度中に行うことを発表した。

マツダの「ほぼすべての新世代商品」とは、2012年以降に日本国内で発売された現行モデルの中で「デミオ」「アクセラ」「アテンザ」「CX-3」「CX-5」の5車種(つまり「ロードスター」は含まれない)。これらの全グレードに、日常で起こり得る事故の未然防止と被害軽減を目的とした「衝突被害軽減ブレーキ」、オートマチック車のペダル踏み間違いによる事故を低減する「AT誤発進抑制制御」、車線変更時に斜め後方に存在する車両を知らせる「BSM(ブラインド・スポット・モニタリング)」、駐車場などでの後退時に横から近づく車両を検知し接触の危険を知らせる「RCTA(リア・クロス・トラフィック・アラート)」という4つの先進安全技術を、2017年中に標準装備化するという。なお、衝突被害軽減ブレーキについては、車種に応じて「SCBS F(スマート・シティ・ブレーキ・サポート[前進時])」と「SCBS R(スマート・シティ・ブレーキ・サポート[後退時])」、歩行者検知機能が加わった「アドバンストSCBS(アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート)」のいずれかまたは複数が標準装備となる。

マツダが「i-ACTIVSENSE」と総称する先進安全技術には、今回標準化される装備以外にも、夜間の運転視界を確保するために配光を自動で最適状態に制御するヘッドライトや、中高速走行時にも作動可能な衝突被害軽減ブレーキ、車線逸脱警報システムなどがあり、"ほぼすべての新世代商品"でグレード別選択、またはメーカーオプションで選択できるようになっている。

マツダは2012年以降に発売した新世代商品において、ドライバー・人間を理解・信頼・尊重する「MAZDA PROACTIVE SAFETY(マツダ・プロアクティブ・セーフティ)」という安全思想のもと、ドライバー自らが正しい「認知」「判断」「操作」をできることが乗員の安全・安心を支えるための基本要件と考え、クルマ全体を根本から見直した商品開発を一貫して行ってきた。その結果、自然に足をのばした位置へのペダル配置による運転しやすく疲れにくいドライビングポジション、交差点などにおいて危険を認知しやすい前方視界、様々なシーンで意のままと感じる操縦安定性などが、新世代商品に共通する魅力として、多くの顧客から支持されているという。

これに加えて、日常の様々な環境で全方向にわたる危険の認知を人間中心の発想でサポートする先進安全技術「i-ACTIVSENSE」を標準装備化することで、同社では「お客様の安全をより確実にサポートしていきます」としている。


<2017年度に標準装備化予定の先進安全技術一覧>

衝突回避支援・被害軽減技術

・衝突被害軽減ブレーキ
市街地などを低速〜中速で走行中に、前後方向の車両などの障害物と衝突の危険性がある場合、自動ブレーキにより減速・停止し、衝突回避または被害軽減を図る。
・AT誤発進抑制制御
徐行時や停車時、前方または後方に障害物が検知された状態で、必要以上にアクセルを踏み込んだ場合、警告音とメーター表示でドライバーに注意を促すとともに、エンジン出力を抑え急発進を抑制。



認知支援技術

・BSM(ブラインド・スポット・モニタリング)
隣車線上の側方および後方から接近する車両を検知すると、インジケーターが点灯しドライバーに通知。その状態でウインカーを操作するとインジケーターの点滅と警報音で警告し、車線変更の中断を促す。

・RCTA(リア・クロス・トラフィック・アラート)
駐車場からバックで出る際などに接近してくる車両を検知してドライバーに警告し、後方の安全確認をサポートする。




マツダ 公式サイト
http://www.mazda.co.jp/