横浜ゴムは、同社の歴史的代表商品のひとつである「YOKOHAMA A008P」の復活を、今月7日から開催されている第87回ジュネーブ・モーターショーのプレスカンファレンスで発表した。

発売サイズは205/55ZR16 91Wと245/45ZR16 94Wの2サイズ。発売は2017年秋を予定しており、欧州以外での発売は現段階では未定。同社は2017年1月にヒストリックカー向けタイヤ「ADVAN HF Type D」復活の発表も行っている

「YOKOHAMA A008P」は、1989年に初めてポルシェ社の技術認証を取得し、ポルシェの964型911」に新車装着された。横浜ゴムの現在のフラッグシップ・タイヤである「ADVAN Sport V105」まで続くポルシェ社の車両への新車装着のきっかけとなり、日本のみならず、海外に対して「YOKOHAMA」の名を広めた同社における「歴史的代表商品のひとつ」であるという。

現在開催されているジュネーブ・モーターショーの横浜ゴム・ブースでは、今回復活が発表された「YOKOHAMA A008P」のプロトタイプが、ポルシェ社の協力によって、ポルシェ・ミュージアム保管展示車両である1989年製930型「911ターボ カブリオレ」に装着された形で参考出展されている。

ポルシェ 964のみならず、同時代のスポーツカーを所有するオーナーの中には、16インチの高性能タイヤに選択肢が増えることを歓迎する方も多いのでは。日本での発売も期待しよう。


横浜ゴム 公式サイト
http://www.y-yokohama.com/