マツダは、2月2日に発売した新型『マツダ CX-5』の累計受注台数が、発売開始後、約1カ月経過した3月5日時点で16,639台となったと発表した。月間販売計画台数は2,400台。


 新型「CX-5」グレード別の構成比は、人間中心の安全思想「MAZDA PROACTIVE SAFETY」に基づき開発した、「i-ACTIVSENSE(アイアクティブセンス)」を充実させたグレードが全体の95%を占めている(最上級グレード「L Package」49%、「アダプティブ・LED・ヘッドライト(ALH)」や「アクティブ・ドライビング・ディスプレイ」など先進装備を充実させた「PROACTIVE」46%)。下取車のタイプは、SUV(46%)ミニバン(20%)。下取車のうち初代「CX-5」の下取が39%。

■マツダ 公式サイト
http://www.mazda.co.jp/