ランボルギーニ、ニュルで量産車最速タイムを記録した「ウラカン・ペルフォルマンテ」を正式発表!
Related Gallery:Lamborghini Huracán Performante
Lamborghini Huracán PerformanteLamborghini Huracán PerformanteLamborghini Huracán PerformanteLamborghini Huracán PerformanteLamborghini Huracán PerformanteLamborghini Huracán PerformanteLamborghini Huracán PerformanteLamborghini Huracán Performante

ランボルギーニは、今年のジュネーブ・モーターショーで公開する新型スーパーカー「ウラカン・ペルフォルマンテ」について、ショーの開幕前日にその画像と概要を発表した。

ウラカン・ペルフォルマンテは、V10エンジンを搭載するランボルギーニの「ウラカン」をベースに、さらなる軽量化や最新のアクティブ・エアロダイナミクス・システムなどを採用し、その性能を特にサーキット走行に向けてさらに磨き上げたモデル。発表前の2016年10月5日にはドイツ・ニュルブルクリンク北コースで量産車最速となる6分52秒01のラップ・タイムを記録している。



最新の軽量素材とアクティブ・エアロダイナミクスを採用

アルミニウムとカーボンファイバーによるハイブリッド構造の車体には、細かく刻まれた炭素繊維を樹脂に配合した「フォージド・コンポジット」と呼ばれる素材を広範囲に使用することで、車両重量を約40kg削減。従来のカーボンファイバー複合素材以上に複雑な形状と最適な剛性維持の両立を可能にしたこのフォージド・コンポジットは、前後スポイラー、エンジン・フード、リア・バンパー、ディフューザーな、そしてインテリアの各部に使われている。

また、ウラカン・ペルフォルマンテには「ランボルギーニ・アッティーヴァ(ALA)」と名付けられたアクティブ・エアロダイナミクス・システムが採用された。このモデルのために専用開発されたという特許取得済みのシステムは、走行状況に応じてダウンフォースを増加させたり、あるいは逆に空気抵抗を低減することができる。ちなみに"アッティーヴァ"とはイタリア語で"翼"という意味。



フロント・スポイラーの上面には電気モーターで開閉する2つのフラップが組み込まれており、高速コーナリング時などにはこれが閉じてその上部に空気を流すことでダウンフォースを発生させ、直線でトップ・スピードを伸ばしたい状況では開いてフロント・ウイングに流れ込む風をアンダーフロアに排出させる。

リアはエンジン・フードに開けられた2つのダクトに電動フラップが備わっており、フラップが閉じている時は固定式ウイングが通常のウラカン・クーペの実に750%増にもなるダウンフォースを発生させる。フラップが開けばこのダクトから取り込まれた空気はリア・ウイング内部を通って後部へ抜け、空気抵抗が低減する仕組みだ。従来の油圧を使った可動式ウイングに比べると、システム全体で80%も軽量にできたという。

さらにこのリア・ウイング内部の空気経路は左右に分かれていて、高速コーナリング時には左右で独立して開閉することもできる。つまり、旋回時に内側のフラップを閉じれば、内側の車輪に掛かるダウンフォースとトラクションが高まり、車体がロールして外側に移動する荷重に対抗することができ、車両の動的安定性が向上するというわけだ。この機構をランボルギーニは「エアロ・ベクトリング」と呼ぶ。

これらは全て「ランボルギーニ・ピアッタフォルマ・イネルツィアーレ」と呼ばれるセンサーと演算システムによって統合され、リアルタイムに電子制御される。




軽量でアグレッシブなボディ

エクステリア・デザインは、ランボルギーニのワンメイク・レース「スーパートロフェオ」用車両からパフォーマンスを向上させる要素を受け継いだだけでなく、特にリアの部分は高性能なネイキッド・バイクから着想を得たという。前後に備わるALAのパーツは全て1ピースで成型されたフォージド・コンポジット製で、無塗装にポリッシュ加工を施したもの。フロント・バンパーはグリルが除去され、レースカーを思わせるシャープなラインでデザインされている。フォージド・コンポジット製のエンジン・フードにはプレキシ・グラス製のカバーが装着され、ランボルギーニのスペシャル・モデルでは伝統となっているブロンズのマニフォールド・カバーが見える。フォージド・コンポジットの素材が露わなリア・バンパーは、通常のウラカンより高い位置のセンター寄りから2本出しとなったエキゾースト・パイプが見え、その下にマット・ブラックのディフューザーが装備されている。エアダクトが一体化された巨大なリア・ウイングも、フォージド・コンポジット技術によって1ピースで成型が可能になったという。サイドのロッカー・カバーはマット・ブラック仕上げで、その上にイタリア国旗の3色と控え目な「Performante」のロゴが描かれている。




最高出力640ps、0-100km/h加速2.9秒

ミドシップに搭載された自然吸気V型10気筒エンジンは、最高出力640ps/8,000rpmと最大トルク600Nm/6,500rpmを発揮。最近発表されたウラカンのスペシャル・モデルと同等だ。吸気および排気系形状の最適化や、エア・インテークの損失低減によるレスポンス向上、リフト角が引き上げられたチタン製バルブなど、モータースポーツ活動から応用された様々な技術が採用されている。トルク・カーブも見直され、最大トルクの70%をわずか1,000rpmで発生するという。これに合わせて、デュアルクラッチ式7速トランスミッションにも調整が施された。エキゾースト・システムは軽量化と背圧低減を目的に設計し直され、新たなエキゾースト・パイプはよりアグレッシブなサウンドを高回転時に響かせるという。

0-100km/h加速は2.9秒と、通常のウラカン・クーペより0.3秒も速い。100km/hからの制動距離は31m。8.9秒で200km/hに達し、最高速度は325km/hを超える。



サーキット走行に最適化されたシャシー

よりサーキットで高性能を発揮できるように開発されたサスペンションは、通常のウラカン・クーペと比べると、スプリングとバーの垂直剛性が10%固く、ロール剛性は15%、ラジアルアームとアキシャルアームのブッシュ剛性も50%高められた。これにより、車両の横方向のコントロール性が大幅に向上したという。前後のダブルウィッシュボーンはパッシブ式ダンパーが標準だが、オプションで磁気粘性サスペンションも装備できる。どちらも特にサーキット走行におけるボディとホイールのコントロール性を改善するように設計されたという。

フィードバックとレスポンスを大幅に向上させた電動パワーステアリングは、オプションで可変ギア比式の「ランボルギーニ・ダイナミック・ステアリング」も装着可能。サーキットではギア比可変を抑えた「レースのようなフィーリング」が得られるそうだ。



第5世代の「ハルデックス」電子制御式フルタイム4輪駆動システムは、ALAシステムと同調し、あらゆる状況下で最大のトラクションが得られるようにチューニングされた。ESCもスムーズかつ控え目に介入するように調整されている。ドライビング・モードを切り替えられる「ANIMA」システムも改良を受けた。「ストラーダ」モードではトラクションと安定性が最優先され、「スポルト」モードに切り替えると後輪駆動寄りとなりオーバーステア特性が高まってより容易にドリフトできる。「コルサ」モードではサーキットで最高のパフォーマンスとハンドリングを発揮する。

専用の20インチ「ナルヴィ」鍛造ホイールに装着されるタイヤは、前245/30R20、後305/30R20サイズのこれも専用開発されたピレリの「Pゼロ コルサ」。オプションでセンターロック式の「ロジェ」ホイールや、ピレリの公道走行可能なサーキット用タイヤ「トロフェオ R」も選べる。前380mm x 38mm 、後356mm x 32mmのブレーキ・ディスクはカーボンセラミック製で、アルミニウム製のキャリパーは前6ピストン、後4ピストン。



軽量志向のインテリア

素材に軽量化志向が表れたインテリアは、エアベント、シフトパドル、ドアハンドル、センターコンソールがフォージド・コンポジット製。シート表皮をはじめ各部にアルカンターラが張られる。スポーツ・シートはオプションでレーザー加工による「Y」のグラフィックを施すこともできる。また、同じ表皮を用いたコンフォート・シートも選べるという。

ダッシュボードに搭載されたディスプレイには、専用のALAグラフィック画面が用意され、エアロ・ベクトリングも含むアクティブ・エアロダイナミクスの作動状況を視認できる。デジタル画面のメーターパネル「デジタル・コクピット・ディプレイ」はドライビング・モードに合わせて表示する情報を設定可能。Apple CarPlayにも対応し、iPhone用アプリ「ランボルギーニ・テレメタリ・システム」を使えば、走行時のパフォーマンスを記録、再生、分析することもできる。



価格は3,163万8,800円

ウラカン・ペルフォルマンテは2017年夏に最初の納車が予定されており、価格は税別で3,163万8,800円。ジュネーブで展示される車両のボディ・カラーは新色のマット・オレンジだが、内外装のカラーや仕様は「ランボルギーニ・アド・ペルソナム・プログラム」によってお好み通りにカスタマイズが可能だ。詳しい情報は以下のURLから公式サイトをご覧いただきたい。なお、3月7日午後4時55分からアンベールの様子がライブ中継されることになっている。お時間のある方はお見逃しなく。


ランボルギーニ 日本語公式サイト
http://www.lamborghini.com/jp-en/