【360°ビデオ】ダッジ「チャレンジャー SRT ヘルキャット」をサーキットでテスト・ドライブ!
毎回360°カメラで撮影した映像をお届けする『Autoblog VR』シリーズをご覧になっている方なら、我々がよく高性能車をカリフォルニア州にあるウィロー・スプリング・インターナショナル・レースウェイでテスト・ドライブしていることをご存知だろう。今回は乗り物とテクノロジーを紹介するAOLのウェブ番組『トランスロジック』のホストを務めているジョナサン・バックリーが、ダッジ「チャレンジャー SRT ヘルキャット」のステアリングを握った。このクルマは最高出力707hp、最大トルク90kgmを発揮するが、バックリーは過去のチャレンジャーについては批判的だった。しかし、親会社であるクライスラーが、このクルマに「莫大なパワーを注入」したおかげで、これまでの問題が「すべて修正された」と感じていると最終的に認めている。

バックリーは、トラックを周回しながら同車の特徴について紹介。その中で、最高出力を500hpに抑制するブラック・キーよりむしろ707hpまでフル解放できるレッド・キーが用意されていることに感謝している。さらに、彼はトラックモードで周回を重ねて、このクルマがトラックカーの称号に相応しいかどうかのチェックを行う。果たして、バックリーの下した結論は? ぜひ映像で確認してもらいたい。

「Autoblog VR」 では毎週、新エピソードを公開している。米国版Autoblogでもご覧いただけるが、最高のVR体験をするなら、App StoreGoogle Playから無料でダウンロードできるアプリを使うことをお勧めしたい。



By Autoblog Staff
翻訳:日本映像翻訳アカデミー