ポルシェ、荷室と後部座席の実用性を高めた「パナメーラ スポーツツーリスモ」を発表
Related Gallery:Porsche Panamera Sport Turismo
Porsche Panamera Sport TurismoPorsche Panamera Sport TurismoPorsche Panamera Sport TurismoPorsche Panamera Sport TurismoPorsche Panamera Sport TurismoPorsche Panamera Sport TurismoPorsche Panamera Sport Turismo

ポルシェは3月7日に開幕するジュネーブ・モーターショーで、「パナメーラ」の新たなボディ・バリエーションとなる「パナメーラ スポーツツーリスモ」をワールドプレミアすると発表。一足先にその画像と概要を公開した。

パナメーラ スポーツツーリスモは、通常のパナメーラと同じ全長5,049mm × 全高1,428mm × 全幅1,937mm、ホイールベース2,950mmというサイズのまま、より後方まで伸ばされたルーフラインと、開口部の大きなテールゲート、そして3名乗車が可能な後部座席を備えたモデル。

標準で電動操作が可能なテールゲートは地上から628mmという低い位置から開き、後部座席上端までの荷室容量は520リッター(パナメーラ4 E-ハイブリッド スポーツツーリスモは425リッター )と、従来のパナメーラより20リッター拡大された。ルーフレベルまで荷物を積み込めば、さらに50リッター増加するという。両側の2つのシートが独立した2+1の後部座席は、同時または個別(40:20:40分割)に格納可能で、全てのバックレストを格納すると、荷室容量は1,390リッターまで拡張される(パナメーラ4 E-ハイブリッド スポーツツーリスモは1,295リッター)。オプションで用意されるラゲッジコンパートメント マネージメント システムを装備すれば、フロアに統合された2本のレールと4ヶ所のラッシングポイントおよびパーティションネットで荷物を固定できる。後部座席は2つの独立した電動調節式シートを備える4シート構成も選択可能だ。このスポーツツーリスモでは、延長されたルーフによって、荷室だけでなく後部座席の乗降性やヘッドルームも改善されている。

Panamera Turbo Sport TurismoInterieur Panamera 4 E-Hybrid Sport Turismo

そのルーフ上端には、可動式のアダプティブ エクステンディブル ルーフスポイラーを搭載。角度が3段階にセットされたこのルーフスポイラーは、走行速度が170km/h以下の時は-7度の格納ポジションに維持され、空気抵抗を抑えて燃費を最適化。170km/hの速度を超えると自動的に+1度のパフォーマンスポジションに移動し、50kgのダウンフォースを追加して走行安定性と横方向のダイナミクスを高める。スポーツ/スポーツ・プラスモードを選択した場合には、90km/hを超えるとこのパフォーマンスポジションに移動する。さらに、90km/h以上の速度でパノラミックスライディングルーフを開くと、ルーフスポイラーは+26度の角度に調節され、風切り音を低減するという。

Panamera Turbo Sport Turismo

パナメーラ スポーツツーリスモは4輪駆動のみで、エンジンは通常のパナメーラと同様、3.0リッターV6ターボ(330ps)を搭載する「パナメーラ4 スポーツツーリスモ4」、2.9リッターV6ツインターボ(440ps)の「パナメーラ4S スポーツツーリスモ」、プラグイン・ハイブリッド(462ps)が採用された「パナメーラ4 E-ハイブリッド スポーツツーリスモ」、4.0リッターV8ツインターボ(550ps)を搭載する「パナメーラ ターボ スポーツツーリスモ」、さらに欧州市場にはV8ディーゼル(422ps)の「パナメーラ4S ディーゼル スポーツツーリスモ」を設定。ドイツ本国における税込み価格を見れば、同じエンジンを積む通常のパナメーラより3,000〜4,000ユーロ(約36〜49万円)ほど高い。まずは今年10月7日に欧州で発売され、11月から他の市場に導入される見込みだ。


ポルシェ ジャパン 公式サイト
http://www.porsche.com/japan/jp/