Honda
 ホンダは、1981年に世界初の地図型自動車用ナビゲーションシステムとして商品化した「ホンダ・エレクトロ・ジャイロケータ」が、「IEEE(アイトリプルイー)マイルストーン」に認定されたことを発表した。

c170302_002H
 IEEE(Institute of Electrical and Electronics Engineers)は、米国に本部を置く、電気・電子・情報・通信分野における世界最大の学会。世界190ヵ国以上に42万人を超える会員を擁する非営利団体で、コンピューター、バイオ、通信、電力、航空、電子などの技術分野で指導的な役割を担っている。IEEEマイルストーンは、電気・電子・情報・通信分野において開発から25年以上経過し、地域社会や産業の発展に多大な貢献をしたとされる歴史的業績をIEEEが認定する制度として1983年に制定されて以来、2017年2月までに世界で174件が認定されている。

Honda IEEE
 自動車産業界で初めてとなる今回の認定は、ホンダがホンダ・エレクトロ・ジャイロケータを開発し、地図型自動車用ナビゲーションシステムが世界中に普及、ナビゲーションシステムの世界標準を築いたという功績が認められた。

■ホンダ 公式サイト
http://www.honda.co.jp/