ヤマハ発動機は、EPS(電動パワーステアリング)を採用した「VK Professional II EPS」をはじめ、スノーモビル国内向け2018年モデル3機種を、3月1日から予約受付を開始、11月1日に発売する。


 「VK Professional II EPS」の新しい特長は、1)ステアリング操作の軽快感と軽量感の向上と、荒れた雪面でのステアリング安定性を確保し、操縦者の疲労軽減に貢献するEPS、2)形状やサイズなど徹底的に調整し、深雪の走破性向上と様々な雪面に対して優れたハンドリング性能を引き出す新設計スキー、3)EPS作動時に点灯する「EPSインジケーター」と、環境に配慮した運転をしている時に点灯する「ECOインジケーター」を、新たに配したスピードメーター。

 スノーモビルの国内市場は年間約600~800台で推移し、主に降雪地での移動・運搬、スキー場や営林署・電力会社等でのパトロールなどで使用されている。
「VK Professional II EPS」の希望小売価格(消費税込み)は、1,539,000円。3機種合計の年間国内販売計画台数は、150台。

■ヤマハ発動機 公式サイト
https://www.yamaha-motor.co.jp/mc/