トヨタの「MIRAI」に続く燃料電池車はコレ!! メリットいっぱいの「トヨタ FCバス」を都バスから実用化開始!!
トヨタは、トヨタブランドで販売する最初の燃料電池バス(以下、FCバス)を、東京都交通局へ納車した。今回納車した「トヨタFCバス」は、3月に納車予定の2台目と合わせ、3月より東京都営バスとして運行される予定となっている。

トヨタは、2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて、東京を中心に100台以上のFCバス導入を予定しているとのこと。

トヨタFCバスは、燃料電池自動車(FCV)「MIRAI」向けに開発したシステム「トヨタフューエルセルシステム(TFCS)」を採用しており、内燃機関に比べてエネルギー効率が高いことに加えて、走行時にCO2や環境負荷物質を排出しない優れた環境性能を実現している。

さらに「ノンステップ基準」に合致しており、高齢者や児童が容易に乗降できるバスとなっている。 また、大容量外部電源供給システムを採用。最高出力7.2kWかつ大容量235kWhの電力供給能力を備えており、災害などの停電時に、学校体育館等の避難所や家電の電源としての利用が可能となっている。


こちらが実際に投入された都営バスバージョン。エンブレム類やステッカー類が変わっている。

トヨタグループでは、水素を将来の有力なエネルギーと位置づけ、FCV「MIRAI」をいち早く市販するとともに、FCバス、燃料電池フォークリフト、家庭用の定置式燃料電池などの技術開発・商品展開を推進しており、今後も、「水素社会」の実現に貢献するため、グループ一体となって開発を加速していくとのことだ。

震災などの際に電気自動車の有用性は実証済みだが、電池切れの問題は必ずある。燃料電池車は現在の電気自動車よりも多い電力量を保持できることから、普及することは防災面でも魅力的だ。

まだまだ水素ステーションが少ない中で、一般ユーザーの燃料電池車の乗り換えはなかなか進みにくいのが実情。このような燃料電池バスを投入し、社会インフラの中に水素ステーションが溶け込んでいくことで、乗用車への展開に弾みがつくに違いない。

トヨタ 公式サイト:
http://toyota.jp/