空力性能も日中の存在感も高まる!! TRDからトヨタ「プリウスPHV」専用カスタマイズパーツが登場!!
Related Gallery:2017 Toyota Prius PHV TRD

TRD(ティー・アール・ディー)ブランドでモータースポーツ活動及びカスタマイズパーツ展開を行うトヨタテクノクラフトは、2月15日よりトヨタプリウスPHV」のカスタマイズパーツの発売を開始した。

先進的なイメージを高めるエアロパーツは、フロントスポイラー、サイドスカートなどが、プリウスPHV用として登場した。

画像は、フロントスポイラー下部にLEDライトを装備したモデル。このLEDはイグニッションONで常時点灯するタイプで、日中のドライブでの存在感も高めてくれる。ちなみに、LEDなしのモデルも用意されている。


リアでは、プリウス同様に、直進安定性と旋回時の姿勢効果が期待できるルーフガーニッシュが存在感を高めている。

プリウスPHV専用のリアビュースタイルとこのルーフガーニッシュで、街中にあふれるプリウスとの違いをアピールするのも良いだろう。


プリウスPHVにおススメのパーツは、こちらの「タイヤ空気圧・温度デジタルゲージ」だ。

スマートキータイプの受信機をタイヤのエアバルブに近づけることで、簡単に空気圧・温度を測定できる優れもの。

日ごろスタンドでタイヤのエアチェックをしてきたドライバーが、プリウスPHVに乗り換えて、ほぼ自家で充電するので、給油するためにスタンドに行かなくなりそうなシチュエーションに重宝しそうだ。


製品の内容は、画像の測定器とTPMSバルブのセットとなっており、タイヤに装着したTPMSバルブが正確な空気圧をチェックして、リモコンタイプの測定器で表示してくれるというわけだ。

タイヤのエアチェックは安全面もさることながら、燃費面でも非常に重要。是非一度検討してみると良いだろう。

プリウス用が流用できるためか、プリウスPHV専用のTRDアイテムはそれほど多くない。ニスモではノート用に専用チューニングコンピーターなどが設定されているが、プリウスPHVのモーター走行でのTRDチューニングパーツなどの登場も期待したいところだ。

TRD 公式サイト
http://www.trdparts.jp/index_menu.htm