PORSCHE Bathurst
 ポルシェAG(本社:ドイツ、シュトゥットガルト 社長:オリバー・ブルーメ)のカスタマーチームが、2月5日にバサーストのマウント・パノラマ・サーキットで快挙を達成した。


 コンペティション モータースポーツの911 GT3 Rをドライブした、ポルシェ ワークスドライバー、パトリック・ロングおよびポルシェ ジュニアのマット・キャンベルは、マルク・リーブ/デビッド・カルバート-ジョーンズと共に、総合2位とクラスA-GT3 Pro-Amの優勝を飾った。14の自動車メーカーが参加したレースは、ウォーキンショーGT3の911 GT3 R、スティーブ リチャーズモータースポーツの911 GT3カップ、プロスポーツ パフォーマンスのケイマンもそれぞれクラス優勝を果たした。


 911 GT3 Rは、ドバイとデイトナの24時間クラシックに続く、このバサースト12時間耐久レースにおいても素晴らしい結果を残した。ドバイでは、ヘルベルス モータースポーツが総合優勝を飾り、デイトナではアレグラ モータースポーツがGTDクラスを制するなど、最高出力500PS超の911 GT3 Rは完璧なシーズンのスタートを切った。


 日曜日の午前5時45分、周囲がまだ暗闇に包まれている中、52台のマシンが、ニューサウスウェールズ州の全長6.213kmのサーキットで行われたインターコンチネンタルGTチャレンジ開幕戦のスタートを切った。ドライバーにとって、過酷な条件となる早朝のスタートと23もの高速/低速コーナーの組み合わせが、ブルーマウンテンズ麓のローラーコースターサーキット、バサーストの特徴。


 ポルシェ ジュニアのマット・キャンベルは、このサーキットを熟知し、コンペティション モータースポーツの911 GT3 Rを駆り、最初のスティントを走破した。16回のセーフティカーの出動のうちの1回を終えた後18位まで順位を下げたが落ち着いていた。デビッド・クラバート-ジョーンズに12号車を引き継ぐまでに、見事なパフォーマンスにより9位まで巻き返した。クラバート-ジョーンズから、ル・マン総合の覇者で世界耐久選手権のチャンピオンであるマルク・リーブへ、さらにパトリック・ロングへとコックピットが引き継がれた。彼らは前方を走るマシンを捕らえると、後続を大きく引き離した。最終スティントで再びステアリングを握ったマット・キャンベルは、ドライブスルーペナルティを受けたもののチェッカーに向けてペースを上げ総合2位とクラス優勝を見事に果たした。


 ファクトリーサポートを受けるカスタマーチーム、ウォーキンショーGT3が駆る911 GT3 Rは、2時間でレースを終えた。ポルシェワークスへ新たに加わったローレンス・ヴァンスールは、スタートドライバーとして過酷な暗闇の中、トラブルを避けながらラップごとに順位を上げ1時間後には2位を走っていた。チームメイトのアール・バンバーもこの激走を受け継いで首位に立つ。しかしバンバーは周回遅れの車を追い越す際に衝突し、911 RSRのステアリング系統を大きく損傷させ、修理に長時間を要し、2015年ル・マン覇者とチームメイトによるバサースト勝利の夢は潰えてしまった。

Related Gallery:PORSCHE Bathurst

■ポルシェジャパン 公式サイト
http://www.porsche.com/japan/jp/