JAGUAR LANDROVER
 ジャガー・ランドローバーは、2016年の自動車生産台数が英国全体の自動車生産台数の30%以上を占め、2015年に続き2年連続で英国最大の自動車メーカーとなった。

 英国自動車製造販売協会(SMMT)が発表した2016年の英国の自動車メーカーの生産台数は、172万7,471台という最高記録を樹立。そのうち、ジャガー・ランドローバーの英国内にある3つの工場の生産台数は、前年比8%増の54万4,401台を達成。ジャガー・ランドローバーの車両は、英国製自動車の世界販売台数上位10車種のうち、5車種を占めた。
 最新のデータによると、ジャガー・ランドローバーは、年間生産台数が15万8,000台程度だった2009年に比べ、英国内工場の稼働率が240%以上に増加し、劇的な変革を遂げていることがわかります。

JAGUAR LANDROVER
 2016年は、15の新型モデルや改良モデルを市場投入した記録的な1年だった。ジャガーは、ブランド史上最大のヒットモデル「F-PACE」を発売し、ジャガー全体の生産台数を67%も押し上げ、ランドローバーは、「RANGE ROVER EVOQUE CONVERTIBLE」を導入し、改めて「RANGE ROVER EVOQUE」を、ランドローバーで最も販売台数を達成するモデルとしての地位を築いた。


 2010年以降、ジャガー・ランドローバーは英国にある4つの製造工場に約40億ポンド(約5,720億円)の投資を行い、その結果、10のモデルラインと、最先端の自社製INGENIUM(インジニウム)ディーゼル・エンジンが誕生した。投資には、欧州最大のアルミニウム車体工場の設置、2つの新しい最先端プレスラインの導入、そして全組み立てラインでの大幅な技術刷新などが含まれる。この大規模な拡張をサポートするために、従業員数を2010年の7,700人から1万9,000人にまで増加させ、雇用創出にも貢献した。今年度は、製品開発に30億ポンド(約4,290億円)以上の投資を決定している。

■ジャガー 公式サイト
http://www.jaguar.co.jp/index.html
■ランドローバー 公式サイト
http://www.landrover.co.jp/index.html