FCAジャパン(本社:東京都港区、社長:ポンタス ヘグストロム)は、アバルト・ブランド傘下「アバルト595」の全ラインアップを刷新し、2017年2月25日より販売開始する。
 アバルト595ラインアップの最大の特徴は、前後のバンパーを一層アグレッシブなデザインに変更し、フロントバンパーのエアインテークは、ワンメイクレース仕様車 「ASSETTO CORSE」からインスピレーションを得た「ABARTH」の浮き文字があしらわれ、レースの雰囲気を強調。これまで「アバルト500」だった名称を「アバルト595」に変更し、全グレードの名称が「595」となり、フィアット500のラインアップとの差別化が明確となった。


全グレード共有の変更点は、昨年1月に実施したフィアット500と同様の変更を内外装に施した。主な変更箇所は、フロントライト周り(LEDデイランプ)、リアコンビランプ、センターコンソール周り。新たにグローブボックスとカップホルダーを追加し、ステアリングホイールを新たなデザインに変更。TFT メータークラスターの機能を向上し、Gメーターのグラフィックを刷新。3色(レッド、イエロー、パールホワイト)のボディカラーを新たに導入した。

ABARTH 595
アバルト595の変更点は、最高出力が135ps(MT)/140ps(AT)から145psとなりエンジンパフォーマンスが向上。シートをよりスポーティなデザインに変更し、ボディカラーに新色のレッドを設定。


アバルト595ツーリズモ/595Cツーリズモの変更点は、ギャレット製大径タービンに変更すると同時に、最高出力をこれまでの160psから165psとなりエンジンパフォーマンスが向上。新デザインの 17 インチホイールを採用。ブレーキキャリパーを高級感のあるブラック仕上げに変更した。


シートをよりスポーティなデザインに変更し、ボディカラーに新色のパールホワイトを設定。


アバルト595コンペティツィオーネの変更点は、シートをカーボンシェルタイプに変更。

ABARTH 595
カーボンインサート付のレザー/アルカンターラステアリングホイールを採用し、他グレードとの差別化を図った。新デザインの 17インチホイールを採用し、ボディカラーに新色のイエローを設定。

希望小売価格(消費税込み)は、アバルト595 5速マニュアル(右/左ハンドル) 2,937,600円、ATモード付5速シーケンシャル(右ハンドル)3,099,600円、アバルト595ツーリズモ/595Cツーリズモ ATモード付5速シーケンシャル(右ハンドル)3,466,800円、ATモード付5速シーケンシャル(右ハンドル・ソフトトップ)3,769,200円、アバルト595コンペティツィオーネ 5速マニュアル(右/左ハンドル)3,650,400円、ATモード付5速シーケンシャル(右ハンドル)3,812,400円。

Related Gallery:ABARTH 595

■ABARTH 公式サイト
http://www.abarth.jp/