5つの面で大幅に進化したトヨタの新型「プリウスPHV」 実は5人乗りで開発されていた!?
Related Gallery:Toyota Prius PHV

トヨタが15日に発表した新型「プリウスPHV」。大容量のバッテリーとその充電用プラグだけでなく通常の「プリウス」とは異なるドライブユニットを搭載したこのプラグイン・ハイブリッドカー(PHV)を、同社の内山田竹志会長は次世代のエコカーに対する「トヨタの答え」だという。



ここで留意したいのは、"次世代の"ということ。PHVが究極的なエコカーだと言っているわけではない。もっと先の将来を見据えれば、やはりトヨタは水素社会の実現に向けて取り組み、それが達成した暁には、水素燃料電池車が有望だと考えている。ただし、現状を見れば水素の供給インフラや製造コストの点から燃料電池車の普及にはまだまだ時間が掛かることは明白。一方の電気自動車はというと、航続距離や充電施設の面で、現時点では利便性が少なくともガソリンエンジン車より劣る。というわけで、日常的な用途は電気のみで走り一切の排ガスを出さず、遠出する際にはガソリン・スタンドで給油すればハイブリッド車として走り続けることができる、PHVが次世代エコカーの「大本命」であるとトヨタは言うのだ。

しかし、それだけの利点があるにも拘わらず、先代のプリウスPHVは5年間で2万3,000台しか売れなかった。そこでトヨタは、顧客に受け入れられなかった理由を考え、新型プリウスPHVの開発に反映させたという。これによって新型は先代から「5つ面で別次元の進化を遂げた」と主査の金子將一氏は言う。



まず1つ目は、電気のみによる走行性能が大幅に向上したこと。駆動に使うリチウムイオン・バッテリーの容量を従来の2倍以上に増やすことで、電気モーターのみによる走行可能距離が26.4kmから68.2kmに大幅に拡大した。これなら日常的な通勤や買い物、送迎はほとんどエンジンを使わずに(石油を燃やさずに)済む。

さらに駆動力も増大した。新型プリウスPHVは、通常の「プリウス」と同じ最高出力72ps/最大トルク16.6kgmの電気モーターに加え、これまで発電にのみ使用していたジェネレーターも駆動に使えるようになった。こちらが31psと4.1kgmを発生し、加速時や登り坂では合計2基のモーターで力強い走行が可能だ。電動走行時の最高速度も100km/hから135km/hに引き上げられた。もっとも、トヨタのエンジニアに尋ねたところ、1.8リッター直列4気筒エンジンと2基のモーターが全て同時に最高出力を発揮することはないため、システム合計最高出力は122psと、プリウスと変わらないそうだ。



2つ目として、その容量の増加したバッテリーが、一般家庭のAC100Vで充電できるようになった。これなら配線工事は不要(ただし抜止形コンセントの場合は高耐久コンセントに交換が必要)だが、充電時間は約14時間かかる。専用の工事を行ってガレージに200Vの電源を設置すれば約2時間20分で満充電が完了し、公共施設などに設置された急速充電なら約20分で80%まで充電できる。

また、新型プリウスPHVには、その充電されたバッテリーの電力を、家電製品などに使用することができる外部給電モードも備わる。これが3つ目の進化だ。屋外でキャンプやパーティをする際に、照明や調理器具、音響などに電力を供給することができるだけでなく、災害時などにはバッテリーの残量が少なくなるとエンジンを始動して発電し、給電を続ける機能もある。ガソリンが満タン状態にあれば、最大1500Wの電力を2日間にわたって使い続けることができるという。発表会場では、TVCMに出演している女優の石原さとみさんが、実際にプリウスPHVにコネクターを差し込み、イルミネーションを点灯させるというデモンストレーションも行われた。



4つ目の進化は安全性。プリクラッシュセーフティシステム(歩行者検知機能付き衝突回避支援機能)、レーンデパーチャーアラート(ステアリング制御機能付き車線逸脱警報)、アダプティブハイビームシステム(ハイビームで走行中に対向車や先行車を検知すると自動的にその部分を遮光する)、レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付き)という4つの先進安全機能をパッケージした「Toyota Safety Sense P」が、全車に標準で装備された(最廉価グレード「P」ではレスオプションも選択可能)。



そして5つ目は、非プラグインのプリウスとは明確に差別化されたデザインだ。これに関しては先代の反省が活かされたという。前後のオーバーハングを合計105mm伸ばすことで(全長4,645mm)、プリウスより車格がアップした印象を狙ったとのこと。デザイナーの方にお訊きしたところ、ドアとルーフラインを除けば、プリウスと共有する外板はほとんどないとのこと。ちょっと燃料電池車の「MIRAI」と似ているのも「狙った」そうだ。




特にユニークなのは、リア・ウィンドウの中央に空気の通り道となる窪みを設けた「ダブルバブルウィンドウ」。空力性能が向上し、燃費の改善と風切り音の減少に貢献しているという。そしてそのガラスが装着されたバックドアには、軽量なカーボンファイバー(炭素繊維強化樹脂)素材が採用されている。ただし、その製法上、表面にカーボン独自の織り目模様が浮かぶわけではなく、そのままではマーブル柄のような樹脂の見た目があまりよろしくないため、せめてカーボンファイバーを思わせる型押しのクロスを張ったそうだ。




さらにルーフには、オプションでソーラーパネルを装備することもできる。よく晴れた日に陽当たりのよい駐車場に停めておけば、1日最大6.1kmの距離を走行可能な電力が、太陽光によって充電される。価格(消費税込み)は28万800円もするので、"元を取ろう"と思っても不可能に近いという。でもまあ、原子力も火力も使わず充電した電気で走れるという精神的充足感は存分に得られる(トヨタの方は「自動車が初めて、エネルギーを使うだけでなく作ることができる、価値の転換を提供する」と表現していた)。

なお、このソーラー充電システムは、上級グレードの「A」および「Aプレミアム」には装着できず、いくつかの装備が省略またはオプションとなる「S」および「S "ナビパッケージ"」にしか用意されない。その理由は「生産性の面から、量販グレードのみに採用することにした」とのこと。つまりプリウスPHVでは、レザーシートもパーキングアシストもソーラー充電システムも付いた「全部入り」は購入できないのだ。



インテリアでは、光沢フィルムが織り込まれた専用のシート表皮...よりも、やっぱり縦型11.6インチのタッチスクリーンを使用したナビゲーション・システムが目を引く。トヨタ初採用となるこのシステムを担当されたデザイナーの方にお話をお聞きしたところ、縦型を選んだ理由は「地図が進行方向のより先まで表示できること。それから横画面で大型にすると、画面の端(助手席側)がドライバーから遠くなってしまう」から。「テスラの真似って言われますけど、これを開発していた時にはまだテスラはなかったので」とのこと。エアコンのパネルも統合することによって縦型が実現できたそうだ。ただし、デフロスターや温度調整、音量調整など、頻繁に使う機能は「画面にタッチしてから選ぶのではなく、1アクションで操作できるように」機械的なスイッチを残したという。エアコンやオーディオの操作中でも、上部には常に地図が表示される。そういう要望が多かったそうだ。

ちなみに、トヨタ社内には縦型ディスプレイに反対する意見も多かったらしい。その理由は「車内でテレビを観るとき、小さくなってしまうから」。そこでデザイナーの方は合議する前に「いきなり"章男さん"(豊田章男社長)に見せちゃって、よしこれで行こうって言ってもらえたからできた」と仰る。デザイナーという立場からしても、「"章男さん"が来てからずいぶん変わった」そうで、挑戦的なこともやりやすくなったそうである。



最後にもう1つ、トヨタの方からお聞きした裏話を。新型プリウスPHVが4人乗りとなったことに気づき、これを不満に感じた方もいらっしゃると思う。その理由について、プリウスより増えたバッテリーを後部座席下の中央に搭載しなければならなかったから、と思っているなら(記者はそう思っていた)、実は間違い。プリウスPHVも当初は5人乗りとして設計していたのだが、見込み通り行かなかった「ある問題」(バッテリーとは別の部分らしい)が生じ、その解決が発売に間に合わなかったため、やむを得ず4人乗りに変更したらしいのだ。この問題が解決すれば、現行型の生産期間内に、5人乗りにアップデートされる可能性もあるようだ。5人家族で乗りたい方には、もうしばらくお待ちいただくことをお勧めしたい。



新型プリウスPHVの消費税込み価格は、ナビもオーディオも急速充電も標準では装備されないエントリー・グレードの「S」なら326万1,600円から(ちなみに、ナビ画面がないとダッシュボードは上の写真のようになる)。さらにToyota Safety Sense Pも不要なら313万7,400円で買える。性能も機能も大幅に向上したにも拘わらず、先代(の発表当時)とほとんど値段が変わらないというのは、クルマよりもまるでパソコンか何かみたいだ。

では、果たして乗るとどうなのか? という疑問については、近日中に自動車評論家の方による試乗記をお届けする予定なのでそちらをお楽しみに。


トヨタ 公式サイト:プリウスPHV
http://toyota.jp/priusphv/