自動車メーカー系チューナー4社がサーキット走行会「ワークスチューニング・サーキットデイ 2017」を開催
トヨタテクノクラフト(TRD)、スバルテクニカインターナショナル(STI)、無限(M-TEC)、ニッサン・モータースポーツ・インターナショナル(NISMO)の4社は、自動車メーカーのモータースポーツ活動やカスタマイズ・パーツの展開を手掛ける「ワークスチューニンググループ」として、「楽しくサーキットを走る」をテーマとした「ワークスチューニング・サーキットデイ 2017」を開催すると発表した。

このイベントは、2011年の初開催からこれまで14回開催され、参加者からリーズナブルな参加費と充実した内容で好評を得ているというサーキット走行会。2017年は昨年開催された3ヵ所のサーキット(美浜、袖ヶ浦、鈴鹿南)に、九州地区のHSR九州が新たに加わり、計4回が開催されることになった。

「ワークスチューニング・サーキットデイ2017」の趣旨は、普段使用しているマイカーでサーキットを走る楽しさを気軽に体験しながら、各社契約のレーシングドライバーによるドライビングレッスンや同乗走行(レーシングドライバーによる同乗走行は参加者以外の同伴者も抽選で体験が可能)を通じ、ドライビングスキルの向上とクルマを操る楽しさを体感してもらうというもの。過去の走行会経験などによって「エンジョイ」「ベーシック」「チャレンジ」とクラス分けされるため、ビギナーから上級者までそれぞれのレベルに合わせた走りが楽しめるよう工夫されている。ヘルメットやレーシンググローブなどの装備は各自で用意することになっているが、初心者向けのエンジョイクラスに参加する場合はレンタルも可能だ。もちろん、"ワークスチューニング"されていないノーマルのクルマでも参加できる。

会場では、マイカーのメンテナンスやチューニングなどについて、ワークスチューニング各社のアドバイザーに相談できるコーナーや、各社デモカーによる模擬レース、参加者を対象にした賞品抽選会など、盛り沢山なイベントが実施される予定だという。また、小さなお子様が楽しめるキッズコーナーに加え、講師として参加するレーシングドライバー全員とお子様やご家族で記念撮影ができるキッズ撮影会なども実施されるそうだ。

各イベントの開催スケジュールと参加費は以下の通り。

Rd.1:5月13日(土)美浜サーキット(愛知県知多郡)
募集台数:100台
エンジョイクラス2:6,000円
ベーシッククラス:8,000円
チャレンジクラス:12,000円

Rd.2:7月2日(日)袖ヶ浦フォレストレースウェイ(千葉県)
募集台数:160台
エンジョイクラス1:4,000円
エンジョイクラス2:8,000円
ベーシッククラス:12,000円
チャレンジクラス:18,000円

Rd.3:9月30日(土)HSR九州(熊本県菊池郡)
募集台数:108台
エンジョイクラス2:6,000円
ベーシッククラス:8,000円
チャレンジクラス:12,000円

Rd.4:10月14日(土)鈴鹿サーキット南コース(三重県)
募集台数:108台
エンジョイクラス2:6,000円
ベーシッククラス:10,000円
チャレンジクラス:15,000円

参加車両:トヨタ(レクサス含む)車、日産車、スバル車、ホンダ車、でナンバー付きの保安基準適合

講師(予定):平手晃平、国本雄資、山内英輝、山本尚貴、松田次生など

イベントに関する詳しい情報は以下のURLからご確認を。
http://www.procrews.co.jp/workstuning/

TRD
http://www.trdparts.jp/
NISMO
http://www.nismo.co.jp/
無限
http://www.mugen-power.com/
STI
http://www.sti.jp/