【ビデオ】「スバル WRX STI」ラリーカーの走りを360度映像でバーチャル体験!
皆さん、ラリーはお好きだろうか? もちろん、我々は大好きだ。というわけで、「GRC スバル・ラリー・チーム USA」に所属するプロのラリー・ドライバー、デビッド・ヒギンズ選手に取材した際、彼の#75号車「ダートフィッシュ スバル WRX STI」に同乗させてもらえるよう交渉してみた。ありがたいことにヒギンズ選手が快諾してくれたので、360度カメラを車内に持ち込むことにした。是非、皆さんも我々の貴重な体験をバーチャルで味わってみていただきたい。

ロサンゼルス港のコースを疾走しながら、ヒギンズ選手は愛車のスペックを我々に体感させてくれた。0-60mph(約96.6km/h)をわずか1.9秒で加速するという驚異の性能である。彼によれば「130~140mph(約209~225km/h)くらいの速度は簡単に出る」というが、実際にはラリー競技で必要とされる0-100mph(約161km/h)の加速性能を重視している。

それでは早速、落ち着いて腰を下ろし、ラリーカーの助手席に同乗するという貴重な体験を共有してみてほしい。

これらの「AutoblogVR」で公開している360度映像は米国版Autoblogのサイトで見られるが、最高のVR体験をするならApp StoreGoogle Playから無料でダウンロードできるアプリを使うことをお勧めしたい。



AutoblogVR


By Autoblog Staff
翻訳:日本映像翻訳アカデミー