Related Gallery:TAS2017 Toyota C-HR Cutom

昨年12月に登場し、2017年1月にSUV新車登録台数No.1を獲得したトヨタC-HR」のカスタマイズカーが早速東京オートサロン 2017に出展されていたので、一挙にご紹介しよう。

画像は、東京国際カスタムカーコンテスト2017でグランプリを受賞したMONZA JAPANの「AWESOME PINK・PINK C-HR」だ。こちらのモデルは、SUV部門でも最優秀賞を獲得している。



ピンククラウンならぬ、ピンクに塗られたC-HRはとにかく目立つ。12月に発売されたモデルなので、さすがに外装は、モデリスタのエアロパーツをベースにカスタマイズしたものとなっているが、インテリアは、カワイイ女子向けということで、ピンク一色にコーディネートして、この短期間に仕上げているのは脱帽だ。

エンブレムにスワロフスキーをワンポイントにあしらう等、細かいこだわりも最優秀賞を受賞したポイントの一つだろう。



ブリッツは、「DAMPER ZZ-R」を装着し、ローダウンとドレスアップしたC-HRを出展。ローダウンキットは春ごろの発売を予定しているとのこと。

また、エアロパーツは、デザイン画として紹介されており、現在発売に向けて開発中とのこと。



T-DEMANDの「TOYOTA C-HR PRO DAMPER SPEC AIR」は、車高調付ショックアブソーバーの「プロダンパー」と、エアサスを組み合わせてローダウンしたモデル。



側面から見るとまるでクーペに見えるぐらい車高が下がっている。これらのローダウンパーツは、間もなく発売が予定されているとのことだ(文末に動画あり)。



CABANAのC-HRは、オリジナルのプリントがされたラッピングを施したカスタマイズモデル。発売直後のC-HRにピッタリフィットするラッピングを短期間に仕上げてきている点は驚きだ。

カスタマイズパーツは敷居が高いと思っているユーザーにはこのようなラッピングでイメージチェンジすることもおススメだ。

エアロ系のC-HRのカスタマイズパーツは、トヨタ系以外はオートサロンの開催に開発が間に合わない状況だったので、来年に期待したいところだ。

その他、ご紹介済みのモデリスタTRDのカスタマイズカー等も出展されていたので、ギャラリーの画像もご確認を!!

東京オートサロン 公式サイト(SUV)
http://www.tokyoautosalon.jp/TAS/2017/apl/ap/CList01.dll/?mode=&st1=5


Related Gallery:2016 Toyota C-HR Modellista

Related Gallery:2016 Toyota C-HR TRD


T-DEMAND TOKYO AUTO SALON 2017 C-HR A180 GS350