Honda Motorsports 2017
 創業当時から世界の頂点を目指して、さまざまなモータースポーツ活動に取り組んできたHondaが、2017年のモータースポーツ参戦体制と普及活動計画を2月13日に発表した。

Honda Motorsports 2017
 2輪においては、昨年、FIM(国際モーターサイクリズム連盟の略称)ロードレース世界選手権の最高峰クラス参戦50周年という節目となる年に、「MotoGP(ロードレース世界選手権)」ではマルク・マルケス(レプソル・ホンダチーム)、「MXGP(FIMモトクロス世界選手権)」ではティム・ガイザー(チーム・ホンダ・ガリボルディー・レーシング)、「WCT(FIMトライアル選手権)」ではトニー・ボウ(レプソル・ホンダ・チーム)がそれぞれでチャンピオンを獲得、3つの最高峰クラスを制覇するという世界初の勝利を収めた。

Honda Motorsports 2017
Honda Motorsports 2017 Honda Motorsports 2017
 とはいえ・・・。日本で開催される鈴鹿8時間耐久レースや、スーパーバイク世界選手権、MFJ全日本ロードレース選手権では「惨敗を喫している。なので、今年は勝ちにこだわったチーム体制で行く」のだと、本田技研工業のモータースポーツ部部長の山本雅史氏は強く語る。

 現在、この「鈴鹿8時間耐久レース」や、「スーパーバイク世界選手権」、「MFJ全日本ロードレース選手権」については、「ワークス」としての参戦はしていない。しかし、そろそろ考えていかなくてはならないタイミングに来ているとして、本田技研工業とHRCの間でワークス体制を作るべく議論がなされているが、まだまだ話せる段階ではないとのこと。
 「鈴鹿8時間耐久レース」は日本で行われている2輪最大のお祭りともいえるレース。今年で40周年という節目を迎え、「FIM世界耐久選手権(EWC)」の最終戦となることもあり、6チーム体制に新型のCBR1000RRを投入し、勝ちに行く体制を整えているとのことだ。

【2輪モータースポーツ参戦体制】
(チーム名の★はワークスチーム、マシンの★はワークスマシン、ライダーの★はHRC契約、数字はゼッケン)

[ロードレース]Honda  2017 Motorsports  motorcycle

■MotoGP(FIMロードレース世界選手権)
 2017年度は4人の日本人ライダーが参戦(最高峰クラスにいないのは残念ですが・・・)。Moto2クラスは昨年に引き続き、中上貴晶(がチャンピオンを目指し、Moto3からは鈴木竜生が、不慮の事故にて無くなった、マルコ・シモンチェリの名前を冠したチームに移籍して参戦。レッドブル・ルーキーズカップにてチャンピオンを獲得した佐々木歩、2015年のアジアタレントカップで優勝、レッドブル・ルーキーズカップにて5位を獲得した羽鳥海渡が初参戦! 初参戦の2人は共に16歳と今後が期待できるピッチピチのルーキーなのだ。

<MotoGPクラス>
・レプソル・ホンダ・チーム★
Honda  2017 Motorsports  motorcycle

 マシン:RC213V★
 ライダー:93 マルク・マルケス★(スペイン)、26 ダニ・ペドロサ★(スペイン)

・LCRホンダ
 マシン:RC213V/ライダー:35 カル・クラッチロー(英国)
・エストレーリャ・ガリシア・ゼロ・ポイント・ゼロ・マーク・ブイディーエス
 マシン:RC213V/ライダー:43 ジャック・ミラー★(オーストラリア)、53 ティト・ラバト(スべイン)

<Moto2クラス>
・イデミツ・ホンダチーム・アジア
 マシン:Kalex/ライダー:30 中上貴晶(千葉県)、89 カイルール・イダム・パウィ(マレーシア)

<Moto3クラス>
・エストレーリャ・ガリシア・ゼロ・ポイント・ゼロ
 マシン:NSF250RW★/ライダー:33 エネア・バスティアニーニ(イタリア)、44 アーロン・カネット(スペイン)
・レオパード・レーシング
 マシン:NSF250RW★/ライダー:36 ホアン・ミル(スペイン)、11 リビオ・ロイ(ベルギー)
・デル・コンカ・グレッシーニ・モトスリー
 マシン:NSF250RW★/ライダー:21 ファビオ・ディ・ジャンアントニオ(イタリア)、88 ホルヘ・マルティン(スペイン)
・マリネッリ・リバコルド・スナイパーズ
 マシン:NSF250RW★/ライダー:5 ロマーノ・フェナティ(イタリア)、95 ジュール・ダニーロ(フランス)
・ブリティッシュ・タレント・チーム
 マシン:NSF250RW★/ライダー:17 ジョン・マクフィ(英国)
・SCIレーシング・チーム
 マシン:NSF250RW★/ライダー:7 アダム・ノロディン(マレーシア)、71 佐々木歩夢(神奈川県)
・ホンダ・チーム・アジア
 マシン:NSF250RW★/ライダー:27 鳥羽海渡(福岡県)、41 ナカリン・アティラプワパ(タイ)
・シッチ・58・スクアドラ・コルセ
 マシン:NSF250RW★/ライダー:14 トニ・アルボリーノ(イタリア)、24 鈴木竜生(千葉県)


WSB(FIMスーパーバイク世界選手権)
 Hondaの英国現地法人ホンダモーターヨーロッパ・リミテッドが支援するチームで、ライダーは2006年のMotoGPチャンピオンのニッキー・ヘイデンと、2011年のMotoGPMoto2クラスチャンピオンで、昨年までMotoGP(MotoGPクラス)に参戦していたステファン・ブラドルの2名体制。新しくレッドブルをメインスポンサーに、新型CBR1000RR-SP2をベースとしていたマシンで参戦する。

<WorldSBKクラス>
●レッドブル・ホンダ・ワールド・スーパーバイク・チーム
Honda  2017 Motorsports  motorcycle
 マシン:CBR1000RR-SP2
 ライダー:69 ニッキー・ヘイデン(米国)、6 ステファン・ブラドル(ドイツ)


■EWC(世界耐久選手権)鈴鹿8時間耐久ロードレース
 今年度からFIM世界耐久選手権の最終戦隣、同時に40周年を迎えるこのレースでは、世界選手権および、各地区の選手権にHondaから参戦しているライダーを選定し、優勝を目指すとのこと。まだ詳細は決まっておらず、決定次第発表の予定だ。

・au & テルル・コハラ・レーシングチーム
 マシン:CBR1000RR-SP2/ライダー:未定
・F.C.C TSRホンダ
 マシン:CBR1000RR-SP2/ライダー:未定
・ホンダ・チーム・アジア
 マシン:CBR1000RR-SP2/ライダー:未定
・ホンダ・ドリーム・レーシング
 マシン:CBR1000RR-SP2/ライダー:山口辰也、未定
・MuSASHi RT HARC-PRO
 マシン:CBR1000RR-SP2/ライダー:高橋 巧、未定
・MORIWAKI MOTULレーシング
 マシン:CBR1000RR-SP2/ライダー:高橋裕紀、清成龍一


■MFJ全日本ロードレース選手権
 一番のトピックスとしては、「BSB(ブリティッシュスーパーバイク選手権)」に参戦していた、清成龍一が全日本にに、そしてHondaに帰ってきたということだろう。MotoGP250ccクラスに参戦経験のある高橋裕紀とともにモリワキ・モチュール・レーシングから参戦して、打倒!YAMAHAワークスチームの中須賀を目指す。マシンは新型CBR1000RR-SP2を使用する。
Honda Motorsports 2017

<JSB1000>主なチームとライダー
・MuSASHi RT HARC-PRO
 マシン:CBR1000RR-SP2/ライダー:634 高橋 巧(埼玉県・HRC契約テストライダー)
・ホンダ・ドリーム・レーシング(第2,3戦)&TOHOレーシング(第4戦以降)
 マシン:CBR1000RR-SP2/ライダー:104 山口辰也(埼玉県)
・au & テルル・コハラ・レーシングチーム
 マシン:CBR1000RR-SP2/ライダー:090 秋吉耕祐(福岡県)
・MORIWAKI MOTULレーシング
 マシン:CBR1000RR-SP2/ライダー:72 高橋裕紀(埼玉県)、88 清成龍一(埼玉県)

他、「FIMアジアロードレース選手権(ARRC)」の<SS600クラス>には、6年連続でのチーム・個人タイトルを狙うムサシ・ブンシュウ・ホンダ・レーシングより、2016年チャンピオンのザクワン・ザイディと名越哲平が参戦。また、<AP250クラス>には、アストラ・ホンダ・レーシング・チームよりゲリー・サリム、レーザー・ダニカ・アーレンズ、アーウィン・サンジャヤが新型「CBR250RR」で参戦。「全日本ロードレース選手権」では、<J-GP2クラス>、<ST600クラス>にも参戦する。


[モトクロス]
Honda  2017 Motorsports  motorcycle

■MXGP(FIMモトクロス世界選手権)
 世代交代か? といわれた昨シーズン、最高峰クラスのMXGP(450cc)クラスで、昨年ルーキーイヤーながらチャンピオンを獲得したティム・ガイザーと、ランキング5位のイブジェニー・ボブリシェフが参戦。両ライダーとも2017年型のワークスマシン「CRF450RW」を駆りクラス連覇を目指す。MX2クラスには、昨シーズンに全日本モトクロス選手権のIA2(250cc)クラスでチャンピオンを獲得した能塚智寛が初参戦! ミケーレ・セルベリンとともにワークスマシン「CRF250RW」で参戦しタイトル獲得を目指す。

<MXGPクラス>
・チーム・HRC★
Honda  2017 Motorsports  motorcycle Honda  2017 Motorsports  motorcycle
 マシン:CRF450RW★
 ライダー:243 ティム・ガイザー★(スロベニア)、777 イブジェニー・ボブリシェフ★(ロシア)

<MX2クラス>
・チーム・HRC★
Honda  2017 Motorsports  motorcycle Honda  2017 Motorsports  motorcycle
 マシン:CRF250RW★
 ライダー:228 能塚智寛★(福岡県)、747 ミケーレ・セルベリン★(イタリア)

■ANAスーパークロス選手権シリーズ
 あの、ケン・ロクスンがHondaに移籍!(超絶イケメン)。Hondaの米国現地法人であるアメリカン・ホンダモーターの運営するワークスチーム「チーム・ホンダ・エイチアールシー」から参戦する、2年目となるコール・シーリーが2017年型「CRF450R」を駆りチャンピオン獲得を目指す。

・チーム・HRC★
Honda  2017 Motorsports  motorcycle Honda  2017 Motorsports  motorcycle
 マシン:CRF450R
 ライダー:94 ケン・ロクスン★(ドイツ)、14 コール・シーリー★(米国)
※ケン・ロクスンは、1月21日に行われた第3戦アナハイムにて怪我をしたため、現在欠場中。

■全日本モトクロス選手権(JMX)
 IA1(450cc)クラスには、2016年シーズンのチャンピオンで、これまでに11回のチャンピオンを獲得した成田亮に加え、2012年のIA2(250cc)クラスチャンピオンで、2016年シーズンにモトクロス世界選手権シリーズMXGPクラスへの参戦経験を持つ山本鯨がワークスチーム「チームHRC」から、ワークスマシン「CRF450RW」で参戦、同クラスでの連覇を狙う。

<IA1クラス>主なチームとライダー
・チームHRC★
Honda  2017 Motorsports  motorcycle
 マシン:CRF450RW★
 ライダー:1 成田亮★(青森県)、400 山本鯨★(埼玉県)

・チーム・ナカキ・ホンダ
 マシン:CRF450R/ライダー:113 田中雅己(青森県)
・チーム887 with ホンダドリーム カワサキ宮前
 マシン:CRF450R/ライダー:117 馬場大貴(静岡県)
・チーム・サクライ with ワキレーシング
 マシン:CRF450R/ライダー:19 長門健一(広島県)
・T.E.スポーツ
 マシン:CRF450R/ライダー:45 大塚郷太(栃木県)

他、IA2クラス、Lady'sクラスにも参戦する。


[トライアル]
■FIMトライアル世界選手権
Honda  2017 Motorsports  motorcycle
 ワークスチーム「レプソル・ホンダ・チーム」から、10年連続チャンピオンのトニー・ボウ、昨年、参戦22年目にして、通算300戦を迎えた藤波貴久、昨シーズンランキング6位で若手のハイメ・ブストがワークスマシン「COTA4RT」で参戦。トニー・ボウは個人タイトル11連覇を狙う。

・レプソル・ホンダ・チーム★
Honda  2017 Motorsports  motorcycle Honda  2017 Motorsports  motorcycle
 マシン:COTA4RT★
 ライダー:1 トニー・ボウ★(スペイン)、3 藤波貴久(三重県)、6 ハイメ・ブスト(スペイン)

■MFJ全日本トライアル選手権(JTR)
 IASクラスに、昨年、自身6度目のチャンピオンを獲得したHRCのテスト契約ライダーである小川友幸が「RTL300R」を駆って「エイチアールシー・クラブ・ミタニ」から参戦し、5年連続7回目のチャンピオン獲得を目指す。
・エイチアールシー・クラブ・ミタニ
Honda  2017 Motorsports  motorcycle Honda  2017 Motorsports  motorcycle
 マシン:RTL300R/ライダー:1 小川友幸(三重県)

【2輪モータースポーツ普及活動計画】
また、Hondaでは若手ライダーのトップカテゴリー参戦へ向けた取り組みを行っており、ロードレースでは二輪モータースポーツへの関心が急速に高まるアジア地域においてHondaのレース活動と連動し、FIMロードレース世界選手権へのチャレンジという若手ライダーの夢の具現化を目指していく。
 今年から、MotoGP主催者である「ドルナ・スポーツ(Dorna Sports SL.)」が主催する「イデミツ・アジア・タレント・カップ(IATC)」を活用し、世界で戦うさらなるライダーの輩出に取り組んでいくとのことだ。HRCの競技専用車両である「NSF250R」を使用するこのプログラムは、アジア地域で開催されるFIMロードレース世界選手権、FIMスーパーバイク世界選手権、FIM アジアロードレース選手権シリーズと併催し、年間6戦開催される。また、ステップアップの場として、FIM CEVレプソルMoto3ジュニア世界選手権やMoto2、Moto3へ参戦する「ホンダ・チーム・アジア(Honda Team Asia)」を継続してサポート。
 モトクロスでは全日本選手権へ参戦するチーム・ライダーの国内合宿をはじめ、将来有望な若手ライダーによる米国キャンプや世界選手権への参戦など、育成プログラムを継続。モトクロス世界選手権のMX2クラスへ、全日本モトクロス選手権IA2(250ccクラス)チャンピオンでHRC契約ライダーの能塚智寛が参戦し、AMAモトクロス選手権450MX(450ccクラス)には引き続き、HRC契約ライダーの富田俊樹を起用するなど、世界で戦える人材の輩出を目指していく。

●2017年Honda国内モータースポーツ活動計画発表の様子はこちらから!
 冒頭の「Hondaは一生懸命。一生懸命、モースポしてます。」の動画は必見です★


■ホンダ 公式サイト
http://www.honda.co.jp


Related Gallery:Honda 2017 Motorsports motorcycle