【東京オートサロン2017】日産「セレナ」の新パーツなどが続々登場!! インパルが開発中のカスタマイズパーツを出展!!
Related Gallery:TAS2017 IMPUL

日産系のカスタマイズパーツを手がけるホシノインパルは、東京オートサロン2017で、以前開発中のイラスト画をご紹介した日産「セレナ」のカスタマイズカーなどを初公開した。

イラスト画のイメージからは、実車に合わせて多少アレンジを加えられたようだが、全体的なイメージは実車にうまく落とし込まれている。

比較的シンプルでシャープなラインで構成されているベース車両が、このインパルのカスタマイズパーツを装着することで、流麗で押し出し感がアップしたイメージに仕上げることが出来そうだ。


セレナ用としては他にも、メッキパーツを大胆に装着してイメージチェンジできる「J IMPUL」シリーズも開発中だ。画像のセレナには、フロントクロームスポイラー、フロントクロームフォグベゼル、リアクロームベゼルが装着されている。

これらのパーツは基本的には両面テープで貼り付けるだけ(一部ビスを使うものもあるが)なので、純正デザインに飽きが来た頃に、ポイントで追加していくこともできるのだ。


また、「J IMPUL」シリーズは、今回「キャラバン」、「エクストレイル」、「ノート」の開発が行われており、今後設定車種をさらに拡大していくとのことだ。

インパルのカスタマイズパーツは、日産に対して長年供給しているだけあって、日産デザインへのフィット感は抜群だ。インパクト重視ではなく、自然な仕上がりを期待するユーザーにおススメしたい。

ちなみに、発売時期、価格等は未定とのことなので、興味がある読者は公式サイトでチェックして欲しい。

ホシノインパル 公式サイト
http://www.impul.co.jp/