【東京オートサロン2017】ホンダであってホンダでない!? ホンダの有志が作った「S660 ネオクラシック」の進化モデルが登場!!
Related Gallery:TAS2017 Honda S660 Neo Classc

東京オートサロン 2017では昨年に引き続きホンダであってホンダでない!? というホンダ「S660」をカスタマイズした「S660 ネオクラシック・プロトタイプ」が出展された。

​このカスタマイズカーを手掛けたのは、ホンダのアクセサリーの開発などを行っているホンダアクセスの有志の「N lab.」。つまり、オフィシャルではなくプライベートカスタマイズカーだ。


昨年のモデルは、「S660 ネオクラシック・コンセプト」であったが、「S660 ネオクラシック・プロトタイプ」に進化。

S660 ネオクラシック・プロトタイプでは、ボディサイズが軽の規格に収まっていなかったり、法規に合致していない部分があったが、S660ネオクラシック・コンセプトは、その部分が改良され、量産検討を行うためのモデルという位置づけになっているとのことだ。

全体的なイメージは踏襲されているが、ミラーが一般的なものに変わったり、リアの灯火類や形状が大きくデザイン変更されたり、1年分の進化が反映されている。



インテリアは標準モデルをベースに専用のタンカラーの表皮へ変更することで、外装色のグリーンとマッチしてクラシカルなイメージに仕上げられている。

新発売のホンダアクセスのスピーカーが搭載されているなどのバージョンアップはあるものの、エクステリアに比べて手が加えられている部分は少ないのでインテリアのカスタマイズも期待したい。



ダイハツは「コペン」で外装の着せ替えによってバリエーションを増やしているが、ホンダは現状1スタイルのみ。ホンダアクセスのパーツとして外装を「S660 ネオクラシカル」にカスタマイズできる用品が登場する日を楽しみにしたい。

ホンダアクセス 公式サイト
http://www.honda.co.jp/ACCESS/