【東京オートサロン2017】トヨタの純正用品開発グループが「CH-R」を女性向けにカスタマイズ!!
Related Gallery:TAS2017 Toyoya Wb

トヨタは、東京オートサロン2017で「C-HR」のカスタマイズカーである「C-HR Style Wb」を出展した。このモデルは、トヨタの純正アクセサリーを開発しているグループが、女性向けのカスタマイズ提案として仕上げたものだ。

ベースのC-HRが角ばった男性的な印象を与えるデザインなのに対し、なめらかな曲線で仕上げられており、大きくイメージが変えられている。


女性向けとしての提案の中で、新しい試みとしてこのコーナーポールが提案されていた。

女性ドライバーは車幅を捉えるのが苦手な人が比較的多いということで、コーナーポールがあった方が良いということだが、従来のようなものだとデザインにフィットしないため、今回の提案では、フロントグリルのドレスアップパーツと一体化したデザインに仕上げられている。

今までのコーナーポールは、運転が下手そうに見えて敬遠してきた人でも、ウイングのようなデザインなので、スタイリッシュに装着できるので良さそうだ。


カラーリングは、マットホワイトとグロスブラックの組み合わせ。

女性を意識したモデルとしてトヨタ自動織機はネイビーを提案していたが、こちらはホワイト。ともにこれまでのかわいいといった方向性ではなく、上質な仕上がりになっている点が共通している。

また、女性向けの提案となっているが、必ずしも女性だけではなく、男性にも共感が持てるような仕上がりになっている点もポイントだ。


インテリアもホワイトとブラックで構成され、高級感と上質感が感じられる仕上がりとなっている。

インテリアのパネルの一部には、大理石調のパネルがあしらわれており、ホテルのインテリアのような高級感も感じられた。


試作品とのことだが、生地を編み込んだようなデザインの表皮がシートバックやインテリアのドアパネルにも使われており、新しい印象を与える仕上がりとなっている。

C-HRの受注が好調ということで、今後街中に溢れかえることが予想される。個性的なデザインのモデルであっても、走行台数が増えると、それが一般化し、埋没してしまう。

しかし、これらの新しいカスタマイズアイテムが投入されれば、人とは一味違った自分だけのカスタマイズカーとして、仕上げられるに違いない。

今回はあくまでコンセプトということだが、今後どのような形で市販化されるのか注目だ。

トヨタ自動車 公式サイト
http://toyota.jp/