日産車が1月の国内販売登録車ランキングで1位と2位を獲得
2017年1月の国内販売登録車ランキングで、日産車が1位と2位を獲得した。1位は「ノート」で1万4,113台、そして2位は「セレナ」が1万1,179台。日産自動車によれば、登録車ランキングで日産車が1位、2位を同時に獲得するのは、1984年9月の「サニー」と「ブルーバード」以来、32年ぶりのことだという。

日産の新たなグローバル・コンパクトーとして2012年7月に発表された現行のE12型ノートは、2016年11月のマイナーチェンジで、量産車では世界初となるシリーズ式ハイブリッドを採用した「e-POWER」搭載モデルが登場。同月にノートは軽自動車を含む全販売車種のランキングで首位を獲得した。日産によれば、この新電動パワートレインが多くの顧客から高い評価を得ており、現在まで高い人気を維持しているという。



5代目にあたる現行型セレナは2016年8月に発売され、日産によれば「室内の広さや使い勝手、快適性に加え、同一車線自動運転技術『プロパイロット』が大変好評」であるという。2016-2017 日本カー・オブ・ザ・イヤーでも、このプロパイロットと他にもデュアルバックドアやハンズフリースライドドアを装備したことが評価され「イノベーション部門賞」を受賞している。

日産の国内販売を担当する専務執行役員の星野朝子氏は、「自動車メーカー各社が新機能搭載の新型車を続々と発売する中での『ノート』の1位、『セレナ』の2位獲得は、技術の日産が推し進めるインテリジェントモビリティ、すなわち電動化と知能化の取り組みを多くのお客さまに認めて頂いた結果だと、大変嬉しく、興奮しています。当社の電動化、知能化技術が受け入れられたことは、日本の新しいモビリティー社会が始まったことの証です。私たち日産は、今後も時代のトレンドをいち早く捉え、多くのお客さまに素晴らしい商品を提供していきたいと思います」と語っている。

ノート e-POWERや、プロパイロットを搭載したセレナについてもっと知りたい方は、文末のURLから日産公式サイトと、Autoblog Japanに掲載された小沢コージさんの試乗記をご覧いただきたい。

【試乗記】日産 ノート e-POWER もっと俺たちを振り向いてくれぃ! 凄いけどガッカリ悩ましさNO1ハイブリッド:小沢コージ

【試乗記】日産 セレナ  俺、もう鼻毛抜くしか残ってね〜じゃんかよ!:小沢コージ


日産自動車 公式サイト
www.nissan.co.jp