【ビデオ】ダッジの新型「チャレンジャー SRT デーモン」には、18点のツールやパーツが入った専用クレートが付属!
ダッジは、新型「チャレンジャー SRT デーモン」特設サイト(www.ifyouknowyouknow.com)の最新ティーザーで、同車に付属する特別な装備を公開した。デーモンを購入すると、カスタムペイントの施されたクレート(ツールボックス)が付いてきて、クルマのVIN(車体番号)と所有者の名前を刻んだ金属製シリアルタグが装着されるというのだ。クレートの中には、デーモンが二通りの目的を果たすのに役立つ18点のアイテムが入っている。ダッジによれば「お客様はデーモンの注文時、またはクルマが届いたとき、あるいは思い立ったらすぐ、同車のパフォーマンスを公道用、ドラッグレース用、あるいはその中間に変更することが可能」だそうだ。

ダッジの発表によると、このクレートには専用スペア・ホイールとデーモン・ブランドのツールが含まれているという。ティーザー映像を見れば、ジャッキ、インパクトレンチ、ソケットレンチ、タイヤ空気圧ゲージなどのツールが確認できる。我々の予想では、このクレートはデーモンにスペアのタイヤセットを用意するのが目的だが、おそらくそれはドラッグレース用タイヤで、オーナーが公道用タイヤから素早く交換するためのツールが付属しているということだろう。

さらに、ダッジによれば、クレートの中には「デーモン・トラックパック・システム」と「ディレクト・コネクション・デーモン・パフォーマンス・パーツ」も入っているということだが、現時点ではどのようなアイテムなのかは謎のままだ。ティーザー映像の最後には、この箱のフタが開いていて、中にはレーシング・ハーネスの一部とおぼしきものが見える。従って、デーモンを走らせる状況に合わせて取り付けたり取り外したりが可能な、レーシング・コース用の安全装備や、公道向け快適装備ではないかと思われる。例えば、前者にはレーシング・ハーネス、後者にはオプションの助手席用シートベルトやカップホルダーなど考えられる。




By Joel Stocksdale
翻訳:日本映像翻訳アカデミー