ポルシェ ジャパン、「911GT3」のエキゾースト・パイプから音楽が聴ける自宅用オーディオ・システムを発売
Related Gallery:Porsche 911 Soundbar

ポルシェ ジャパンは、「ポルシェ ドライバーズセレクション マスターピース」シリーズに加わった新製品「911サウンドバー」を、2月10日より全国のポルシェ正規販売店で発売すると発表した。

ポルシェ ドライバーズセレクション マスターピースとは、ポルシェのクルマに使われているオリジナルの部品を使用し、その優れたデザイン性を共有するというコンセプトから作り出された"クルマ以外"の製品。この911サウンドバーと呼ばれるオーディオ・システムでは、「911GT3」に実際に装備されているメインサイレンサーとエンドパイプを、2.1バーチャル・サラウンド・システムに作り替えた。本来は、高回転型にチューンされた自然吸気水平対向6気筒エンジンの排気を流すために設計されたパーツが、あなたの部屋でお好きな音楽や映画の音響を鳴らしてくれる。ポルシェによれば「自宅にて究極的なサウンドと全知覚にアピールするポルシェ体験が可能」となるそうだ。


Related Gallery:2014 Porsche 911 GT3: First Drive Photos

アンプ部の出力は475ps...ではなく200Wで、1系統のアナログ入力か2系統のデジタル入力(光と同軸)、あるいはBluetoothで接続されたプレイヤーやスマートフォンの音楽ソースを、ポルシェ911 GT3 のメインサイレンサーとテールパイプを使用したサブウーハー拡張パーツを通して、ステレオまたは「DTS TruSurround バーチャライザー」による2.1 バーチャルサラウンドで響かせることができる。ポルシェデザインらしいクールなリモコンも付属する。米国版Autoblogの記者にはあまり評判がよくなかったが、クルマ好きが集まるバーやカフェに置かれていたら目を引きそうだ。

サイズ:74cm x 28cm x 32cm
重量:19kg
希望小売価格:38万3,400円(消費税込)


ポルシェ ジャパン 公式サイト
http://www.porsche.com/japan/